FC2ブログ

うみねこ部屋

無節操でノンジャンル。日々是工事中ですがよろしく!

まねきデイゴ

皆様お暑うございます。ついさっき、横浜の巨人こと「タカダカズヤ」氏から爆弾・・・いや小包が届きました。ドキドキしながら梱包を解くと、中にはこんな可愛いデイゴが・・・ヤタ~~~!!HADAKINさんのミニチュアと並べてみる。後ろの魚はうみねこ作の「山女」招き猫ってのが嬉しい・・・。マジ嬉しい!さくらとデイゴスティンキーとデイゴ遠くを見詰めるデイゴ。裏を見て感動もヒトシオ!フタシオ!ミシオ・・・!出来立てを...

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2018.07.28.
ichiran16.png ⇒ まねきデイゴ ▼ まねきデイゴ

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2018.07.26.
ichiran16.png ⇒ 本格派ナポリタン ▼ 本格派ナポリタン

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2018.07.20.
ichiran16.png ⇒ 油そばだよ ▼ 油そばだよ

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2018.07.05.
ichiran16.png ⇒ 今日の桜島 ▼ 今日の桜島

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2018.06.26.
ichiran16.png ⇒ 桜島? ▼ 桜島?

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2018.03.25.
ichiran16.png ⇒ 京都つづき ▼ 京都つづき

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2018.03.12.
ichiran16.png ⇒ たねき豆腐うどん ▼ たねき豆腐うどん

 

facebookはこんな感じで・・。

facebookはこんな感じで・・。



とまぁ、こんな感じでしばらくやって行きます。

相変わらずいろいろやってます。(笑)


記事の詳細は右上の青い「f」をクリックしてくださいね。







つづく
Guide
 
 

ご無沙汰しております。

ご無沙汰しております。


しばらく更新をサボっておりましたが、
実は他の所(facebookページ)では今まで以上の頻度でバリバリと更新してました。
一時、両方で同じ記事をアップしていたのですが、FC2ブログは向こうに比べてなかなか小回りが利かず
合理的に記事をアップ出来る方に活躍?の場を移していたのであります。

こちらのお友達はfacebookに興味の無い方が多くて、向こうでアクティブに記事をアップしていても
まるで伝わらない訳でありまして、そこいら辺を何とかしたかったんですが、
facebook記事をこちらに反映させる事が難しく、諦めていたところでした。

しか~~し、
ついに習得致しましたヨヨヨヨヨ~ン!
本日からしばらく時間を遡ってfacebook記事を貼り付けて行きますので、興味のある方は御覧下さいませ。

では始まりです。
4月ころまで遡ります。



右上の「f」マークをクリックすると本記事へジャンプします。


向こうでは本名晒しております。うみねこではないのであしからず・・・、今更ながらちょいと恥ずかしい。(笑)

つづく


Guide
 
 

まねきデイゴ

まねきデイゴ


皆様お暑うございます。


ついさっき、横浜の巨人こと「タカダカズヤ」氏から爆弾・・・いや小包が届きました。
ドキドキしながら梱包を解くと、中にはこんな可愛いデイゴが・・・ヤタ~~~!!

DSC_5752.jpg





HADAKINさんのミニチュアと並べてみる。後ろの魚はうみねこ作の「山女」
DSC_5751.jpg
招き猫ってのが嬉しい・・・。
マジ嬉しい!






さくらとデイゴ
DSC_5756.jpg





スティンキーとデイゴ
DSC_5758.jpg





遠くを見詰めるデイゴ。
DSC_5761.jpg





裏を見て感動もヒトシオ!フタシオ!ミシオ・・・!
DSC_5766.jpg
出来立てを直ぐに送って頂いたんですね!ありがと~~~~~~~~!



タカダカズヤ様、素晴らしいお心遣い、誠にありがとうございました!


その内金塊でも送りましょうかね・・・。(フフフ)
Guide
 
 

本格派ナポリタン

本格派ナポリタン



念願の太さ2.2mmのパスタが手に入った。
これはもうアレしかないでしょう。


ナポリタン!






食材屋さんからサンプルが手に入る。

DSC_5699.jpg

茹で時間が16分!!スゴイ。








標準的な1.7ミリのパスタと比較。
DSC_5700.jpg
もう駆逐艦と戦艦くらい違うなぁ・・・。(笑)








茹でる。
DSC_5705.jpg









茹で上がる。
DSC_5708.jpg

太っ!!!







具材はシンプルにこれだけです。
DSC_5709.jpg








ソーセージ、ピーマン、玉葱。
炒めます。
DSC_5711.jpg









ケチャップを炒めます。(重要)
DSC_5713.jpg









麺を入れる前にバター投入。(少し重要)
DSC_5715.jpg








オールミックス!
DSC_5718.jpg








旨そうに出来たよ!
DSC_5720.jpg









盛りつけ。
DSC_5722.jpg














このハバネロソースがいい仕事しますよ。
DSC_5728.jpg

タバスコより酸味が少なくて上品、しかし辛さは抜群!










太さが違うだけで何がどう違うの?とお思いでしょうが、何と言えばいいだろう・・・、もう全部良い方向に違っていてね、懐かしい味と言うより「新しい味」と言えるかなぁ・・。 間違いなく旨いです!
DSC_5735.jpg




この太さの麺じゃないと出ない味があるんだよなぁ。
妥協して通常麺で作るのもいいんですが、ちょっと頑張ると頭一つ抜けたモノに出会えますよ!


この麺は普通店頭には並ばないので、Amazon等の通販でポチって下さいね。












Guide
 
 

油そばだよ

油そばだよ


毎日お暑うございます。

札幌でもやはりアチチでございますよ~。
そんな暑さを吹き飛ばす美味しい油そばレシピを考案です。



まずは鶏腿肉を炒める。油は入れず。
DSC_5600.jpg







火が通ったら、オリーブオイルをタップリとニンニク微塵切りを投入。
DSC_5605.jpg







白ワインを多めに入れる。
DSC_5608.jpg








タイ産の小振りな青唐辛子「プリッキーヌ」です。直訳すると「ねずみの糞」
爽やかに辛い!
DSC_5610.jpg







刻む!
DSC_5612.jpg








煮詰めたソースにバイマックルー(こぶみかんの葉)を入れて香りを着けます。
DSC_5613.jpg








突然の「マルちゃんのつゆ」登場!
ソースにこれを加えて面白い味に・・・。
DSC_5614.jpg

このつゆはリーズナブルで美味しいんですよ。
5倍稀釈でタップリ使えてお徳!

お高くて美味しいダシは数々あれど、
安くて美味しいダシはそうそうありません。
これはマジオシな一品です。








で、麺を茹でます。
DSC_5618.jpg









もやしを入れます。
えっ?と思ったアナタ、
美味しいから黙ってマネしましょう!(笑)
DSC_5620.jpg









あのつゆを程よくミックスしたタレを作り丼へ。
DSC_5622.jpg









完成!
トッピングはチキンと温煎玉子とトマト。

温泉玉子と思っていたアナタ、
正確には「温煎」玉子ですよ。
確かに温泉で売ってますがね・・・(笑)
DSC_5626.jpg









倍率ドン!
DSC_5623.jpg









更に培!(お約束。)
暑さを吹き飛ばす傑作出来ました。
DSC_5627.jpg









美味しい・・・。

爽やかな柑橘系の香りとスッキリした辛さ、そしてチキンのコクが織り成す旨さは秀逸だ。

DSC_5632.jpg


久々にうみねこキッチン(クックパッド)に載せてみようかな・・・。


Guide
 
 

今日の桜島

今日の桜島


桜島の器を変えてみた。

DSC_5433.jpg



なかなか渋いではないか!
葉の伸び具合といい枝振りといい、見事な佇まいだ。
この先が楽しみ。





続きに「アジアの融合」・・・。



Guide
 
 

桜島?

桜島?


facebookにも載せたけど・・・




甘薯を半分に切り皿に水を張って芋を乗せる。

DSC_5210.jpg






3日ほどは何も起こらないが、4日目あたりから小さな芽が出てきます。
DSC_5211.jpg






マメに水を足しながら放って置くと、かなりいい感じにオブジェ化しますよ。
DSC_5212.jpg






日々変化するミニ盆栽として楽しめます。
DSC_5213.jpg






やがて茎が旺盛に伸びてきますので適宜剪定しながらこの「桜島」を楽しみましょう!
DSC_5228.jpg


Guide
 
 

オヒサシュウゴザイマス。

オヒサシュウゴザイマス。


公私共に多忙を極め、全く更新が疎かになっておりました。

そこで今回は出血大サービスで、イラスト業界の一大巨匠であらせられます、
あのタカダ・カズヤ氏が私のためにわざわざ書き下ろして頂いた素敵な作品をご紹介いたします!



え~、かねてより水泳競技の新種目を思い連ねていた私は、
遂にいくつかの究極な泳法の考案に致りました。
全くいい歳こいてホントにアホだと思いますが、もうここまで来たら
それを貫き通すのもありなのだ・・と勝手に思い込んで生きる事にしております。(笑)


で、細かい説明は野暮というものですので、
黙って観て、クールに立ち去ってくだされ!


作品は続きで。



Guide
 
 

京都つづき

京都つづき


さて、話はまた京都へ戻ります。

早朝の壬生寺を後にして向かったのが、清水寺。
一気にメジャーへと昇格です。

それにしても、昨今の海外観光客の多さは異常で、ちょっと度を越してますね。

少し前までは圧倒的に中華系・韓国系の人が多かったですが、
今はそれに加えてマレーシア、シンガポール、タイ、インド等々あらゆるアジア系の人に、
欧米・ロシア等の白人系がまさに芋洗いのカオス状態。(ウルトラQのオープニングか?)

そしてそれが清水さんの参道を埋め尽くす・・・。



DSC_3380.jpg



DSC_3382.jpg







しかもだ、その参道の両脇に並ぶお店に入らないと日本語を話す人に出会えないくらいなんですよ旦那ぁ~・・・。
更にだ、そのお店ですらタドタドシイ日本語を話す外国人店員がウヨウヨいるんですよ旦那ぁ~・・・。
そしてだ、季節感を無視した浴衣風情の「レンタル着物」を着た外人おねいちゃん達が京都の情緒を破壊するんですよ女将様ぁ~・・・。

・・・・。
インバウンド効果は計り知れないですよ。でも、これでいいのかニッポン!?



続きに画像沢山。

Guide
 
 

たねき豆腐うどん

たねき豆腐うどん



京都錦市場前の居酒屋「風景」
「たぬきとうふ」が、あの優しくて何とも言えぬ柔らかな味が忘れられなくて、
再現してみた。

今回はちょっと欲張って豆腐とうどんを両方入れてしまった。
邪道だろうか・・・?(笑)


酒の肴的な「たぬき豆腐」は昼食としては物足りず、
うどんであれば量的には満足が行くが今度は豆腐が恋しい、みたいな・・。

だから折中案で行く。

DSC_4208.jpg


風景の鉄ちゃんが作る絶品たぬき豆腐に少しでも近づきたくて頑張りました。
DSC_4209.jpg



実は京都から帰ってから何度も挑戦していて、なかなか思い通りの味にならなかったんですが、
ようやく近いものが出来たかな・・・。
DSC_4212.jpg


普通、関東から北海道に至っては「たぬき蕎麦」とか「たぬきナンチャラ」と言うと、
トッピングに天カスを散らしたスタイルが一般的ですが、
京都ではそうではなく、
生姜を効かせた優しいお出汁をゆるい餡に仕立てて、豆腐、あるいはうどんと共に
供されます。

これが旨いんだなぁ・・・。

なんかこう、疲れた身体に染み渡るようで、ホッとさせてくれるんです。
生姜が実に良い仕事をしていて、緩めのトロっとした餡が責任感抜群に全てを包み込む・・・。


美味しいです。めっちゃオススメ致します!


レシピは今回はやめときますね。
作られる方は是非本場でデフォルトを味わってからの方が良いかと・・・。
私のレシピは「なんちゃってたぬき」なのできっと参考にはならないと思います。(笑)





次回はまた京都へ



Guide
 

Menu

画像Clickで記事ページ

検索フォーム

キーワードで記事を検索

 

うみねこカウンター

プロフィール

うみねこ

Author:うみねこ
凡俗に堕ちて 凡俗を超え

名利を追って 名利を絶つ

流れに従って 波を揚げ

その逝く処を知らず

フリーエリア

   うみねこ掲示板     うみねこ部屋フェチ検定

最新トラックバック

アルバム

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索