うみねこ部屋

無節操でノンジャンル。日々是工事中ですがよろしく!

人情

 先日の西日本新聞のコラム。短い記事でしたが、読み行くうちにふるふると涙が・・・。(Wikipediaより)以下原文のまま半世紀以上も連れ添った妻に先立たれた、横浜市の知人男性からこんな話を聞いた。男性は葬儀を終えた後、故郷である佐賀県唐津市の寺に納骨するため、羽田空港から空路、九州へと向かった。 遺骨を機内に持ち込めることは知っていた。でも入れたバッグがかなり大きく、念のため搭乗手続きの際に中身を伝えた...

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.07.22.
ichiran16.png ⇒ 人情 ▼ 人情

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.07.04.
ichiran16.png ⇒ こらこら・・・ ▼ こらこら・・・

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.06.29.
ichiran16.png ⇒ マルトマ食堂 ▼ マルトマ食堂

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.06.26.
ichiran16.png ⇒ えすくあるごん ▼ えすくあるごん

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.06.19.
ichiran16.png ⇒ こいつ・・・ ▼ こいつ・・・

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.06.16.
ichiran16.png ⇒ ギョニー○○○! ▼ ギョニー○○○!

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.06.12.
ichiran16.png ⇒ いそしぎ ▼ いそしぎ

 

人情

人情


 先日の西日本新聞のコラム。

短い記事でしたが、読み行くうちにふるふると涙が・・・。


旅客機
(Wikipediaより)





以下原文のまま

半世紀以上も連れ添った妻に先立たれた、横浜市の知人男性からこんな話を聞いた。男性は葬儀を終えた後、故郷である佐賀県唐津市の寺に納骨するため、羽田空港から空路、九州へと向かった。

 遺骨を機内に持ち込めることは知っていた。でも入れたバッグがかなり大きく、念のため搭乗手続きの際に中身を伝えた。機内に乗り込み、上の棚にバッグを入れて席に着くと、客室乗務員がやって来てこう言った。「隣の席を空けております。お連れ様はどちらですか?」

 搭乗手続きで言ったことが機内に伝わっていたのだ。男性が「ああ、上の棚です」と説明すると、乗務員はバッグごと下ろしてシートベルトを締めてくれた。飛行中には「お連れ様の分です」と飲み物も出してくれたという。

 「最後に2人でいい“旅行”ができた」と男性。その表情を見ていたら、こちらも温かい気持ちになった。










さっと読み終えると、脳内が勝手にその現場のシミュレーションを始めてしまう。

”私がその男性だったら・・・。”

きっと道中だらだらと泣きそぼっていたかもしらん。


航空会社のこの対応。
おそらくは機長やCAの独断などでは全く無く、組織としてのステキな対応でしょう。
まさに人情劇場・・・。(コウイウノニスゴクヨワイ・・・)

男性と奥さんのその「個人」の人生を慮って(おもんばかって)いるような配慮・・・。
いくら空席があったからとは言っても、なかなか瞬時にそう判断出来る事ではないだろう。



朝一出逢った素敵な記事に、

日本の人情、まだまだ捨てたもんじゃない!

と思った次第。


Guide
 
 

木霊(コダマ)!!

木霊(コダマ)!!


本日、今年5回目の藻岩山登山。

早朝4時から登攀開始。
最近は仕事前のこの時間帯がメインになってます。
涼しいのが一番の理由ですが、何と言っても静かで人に会わないのがいいのだ。


登り始めてから40分程、急坂の九十九折(ツヅラオリ)に取り付いて少しの所にコイツがいた・・・。


何度も何度も通っているから分っているんだけど、こんなの今まで無かったよ!
誰がこんな洒落た事を・・・。

DSC_2043.jpg






DSC_2044.jpg







また苔の絨毯の上にドンピシャの構図。
DSC_2045.jpg

久々に心ほっこりさせて頂きました。

今度昇る時は仲間を増やしたろかな・・・(真顔)



続きに動画あり。






Guide
 
 

あぁ、あなたに裁かれたい・・・。

あぁ、あなたに裁かれたい・・・。


あぁ、鯖カレー食びたい!

このくそ暑い日々をサバサバと乗り越えるべく、
鯖カレーに挑戦だ!



・・・と思ったんだけど、カレーソースにただ鯖缶をサバビア~ンと投入するだけでは
大変つまらんちんなので、ちょっと趣向を変えてやってみたよ!

題して「喜びのカーン兄弟」・・・だ。

と言うわけで、鯖缶とトマト缶を使った超お手軽で間違いなく美味しいレシピをご紹介!
ただ、作って行くうちにゴールがカレーじゃなくなってしまったけど許してね。(ヨクアルコトデス(^^:))



以下材料。

鯖味噌煮缶:2個
トマト缶:1個
ニンニク:1片(みじん切)
大葉orバジル:彩りアクセント用
オリーブオイル:大さじ2程度
塩:少々
あらびきブラックペッパー:少々



作り方はめっさ簡単!

鍋にオリーブオイルを熱し、ニンニクを炒めます。
香りが出たらトマト缶をドサリと投入。
スカサズ鯖味噌煮缶も入れ、少し煮込んで塩、胡椒で味を整えたら完成です。

にんにくと大葉を刻むのに包丁を使いますが、
その他は鍋に放り込むだけで出来てしまうのですよアナタ!!






マジ簡単で旨い!
DSC_2048.jpg

普段仲の悪いトマトカーン鯖カーンカーン兄弟が手を取り合って美味しくなった!

「喜びのカーン兄弟」
これはハッシュドビーフやハヤシライスを超えたかも知れない・・・。(イヤマジデ!)






鯖缶の味噌ダレには様々な美味しい調味料が入っているよ。
コレを有効利用しない手はないのだ。
だから、「鯖水煮缶」では役不足なのさ!
1499679332393.jpg



何もせずにこのクオリティ!白ワインやチーズで仕上げたらかなりのご馳走になりそう・・・。


煮込み時間を入れても5分で出来てしまうお手軽さ。
お客に出したら、「こんなに手間を掛けたお料理を私のために・・・。」
と感激されてしまったよ!(ソレデイイノカ?)

皆さん、これはオススメですぞ!


皆さんもアレンジレシピを考えてみては? 「義兄弟カーンの復讐!」

とかさ、え?ダメ? (ダヨネ~)


Guide
 
 

こらこら・・・

こらこら・・・




















空中浮遊の刑でお仕置きだ!
DSC_1999.jpg





え?お仕置き?これがでしか??
DSC_1998.jpg
気持ちいいでしよ~。





僕はもう眠いでし。
DSC_1907.jpg





てか、もう寝とるし・・・。
DSC_1903.jpg




負けたよ、デイゴ・・・。

君は無敵だ・・・。
Guide
 
 

マルトマ食堂

マルトマ食堂


苫小牧の港沿いにある有名店。

ここのホッキカレーは天下逸品!
そもそもこのホッキ貝は苫小牧市の特産品で、
街中にホッキ料理のお店が揃い踏みしているわけで、
だからホッキカレーなんかこの辺では何も珍しくも無いベタなメニューなんですが・・・。

皆さん、ホッキカレーってその具材にホッキ貝を入れて煮込んだだけの簡単料理。
なんて思っていませんか?

確かに、そんなようなカレーを出すお店が普通なんですが、
ここは違うんですよ!

実はここ、漁港直結の市場のまかない食堂であったんです。
いや、今でもその役割を果たしているんですが、
そのネタの新鮮さと豪快な海鮮系のメニューの充実振りが評判となり、
今では早朝から大行列のできるお店になってしまいました。

お決まりの中国人観光客もドッサリ!

個人的には昔の観光客などいない頃が好きだったんですが、ここはしょうがないところ・・・。
しか~し、行列ができるお店になっても、そのクオリティは全く落ちてないのが凄いところです。

で、そのホッキカレーの何が違うのか?

それはホッキ自体を最高の状態に調理している点に尽きます。

普通のお店はホッキ貝を普通の具材として普通に煮込んで普通にお客に供する(シツコイゾ!)訳です。

そもそも貝という物は加熱すると組織が硬化してグニグニとしたゴムのような食感になりますよね?
そして身の味もスープへ抜け出してしまい、味気なくなるもの。
よそのホッキカレーはまさしくそんなカレーばかりなんです。

しかし、マルトマのホッキは実に柔らかく味が濃厚でその身の甘さに驚きます。
ステーキで言うなれば絶妙のミディアム!ホントに美味しい。
鍋にホッキをぶち込んでグラグラ煮立てカレーソースに仕立てている他の店とは歴然と違うところなのです。


おそらく注文の都度、小鍋にカレーソースを取り火に掛け、熱々に暖まったところに生のホッキを投入、
そしてホッキの身に半分ほどに火が入ったところで盛り付ける。
といった手間を掛けている筈・・・。



あぁ、くどくど説明するのもまどろこしい!もう今すぐ食べさせてあげたい~!!



そんなカレーがコレ。
DSC_1802.jpg






ホッキの身で覆われとりますよ!
DSC_1803.jpg





ホッキ貝、5~6個は軽く使用してますね。
DSC_1804.jpg





これで900円は凄く安い!!(HCP!!)
DSC_1805.jpg





ペロリ!!
DSC_1808.jpg


ご馳走様!




札幌から高速を飛ばして1時間30分ほど・・・。

遠いけど月に一度は無性に食べたくなるカレーです。






Guide
 
 

えすくあるごん

えすくあるごん


エスク・アルゴン・・・。








先日、漁港の朝市にて「ツメタガイ」を見つけた。
この貝は超肉食性でアサリやハマグリなどの二枚貝を捕食するんだけど、
あの硬い殻に穴を開けて中を食い尽くすですよ・・・。

砂浜で真ん丸い小さな穴が開いた貝殻を見掛けた事があると思いますが、
犯人はことごとくコイツです。


大き目のザルに山盛りで500円!


もう、別にこの貝でなくてもこの量と値段なら買うわな!(姑息)






それがコレ
DSC_1678.jpg




コレ。
DSC_1676.jpg






コレダ~!
DSC_1677.jpg



普通に誰も食べないので市場価値はとても低い。
売ってるのを初めて見たのでついつい衝動買いしてしまった。
そして買ってしまってからシマッタ・・と思ういつものワタシ・・・。(一体どうやって食べようかね・・?)







と、とりあえず湯掻く・・・。
DSC_1685.jpg







10分程湯掻いてから冷静に冷水にとる。
DSC_1687.jpg






中身を取り出す。
DSC_1689.jpg

以外に簡単にツルリンと外れましたよ・・・。
ちょっと旨そうに思えて来た。




さてさて、この先どうしたものか・・・。
まずは定番の煮モノどうでしょう?
「煮もどう!」 大泉も納得!  (エッ?ダレ?PCの電源切った人?)
DSC_1691.jpg

とりあえず、半量をニモにする事にした。




出来た!
DSC_1692.jpg

で、実食!

・・・う~ん、マズくはない。

マズくはないのだが旨くもない。そして硬いよ~・・・。
ツブとかサザエの味を期待して食べるととてもガッカリするかも。
ちょっとビビリながら食べた・・と言う精神的な何かが影響しているのかも知れないけど、
また食べようと言う気は起こらないなぁ。




で、残りはどうしよう?

そこでピキ~ンと来ましたよヒラメキ~ノ!

フムフム、この貝殻の形、カタツムリになんか似てるよね?

ヨシ!ここはひとつおフランス風エスカルゴモドキに仕上げてみよう!
みたいなノリでエスカルゴバターをこしらえますよ。
DSC_1695.jpg


作り方は簡単!
バターとすりおろしニンニクとパセリ微塵切りをフードプロセッサーでチョイチョイチョ~イで出来上がり!







では剥き身をバツンバツンとカットして・・・。
DSC_1697.jpg







殻にバターを入れましょう。
DSC_1701.jpg









そこへザックリ切った身を詰め込みます。
DSC_1702.jpg








更にタップリのバターを盛り込んで下準備の完成です。
DSC_1699.jpg







ではオーブンへ入れましょう。ウチは両面焼のグリルがコンロに付いているので、
お手軽にそれでやっちゃいますよ。
DSC_1703.jpg







20分ほどグリルしたら、はい、出来上がり~!

ちょっと旨そうですよコレ!
DSC_1721.jpg







あらら、なんか本格的おフランス料理ザンス!
DSC_1722.jpg







早速アツアツを実食してみる・・・。
DSC_1720.jpg

フハッ!!
ウ、ウメ~~~~!!
ホンモノの柔らかさには及ばないけど、かなりポイント高いッス!
エスカルゴバターがとってもマッチしてご馳走に大変身!!

いやいや皆さん、何事もやってみるものですよ、
これだから料理は止められない・・ヤッホ~~!!


で、命名。
エスカルゴリスペクトで
「エスク・アルゴン」



美味しいです!




Guide
 
 

こいつ・・・

こいつ・・・



邪魔だよデイゴ!








ニャンだとコラ!
DSC_1881.jpg

あひっ!






なんなんだ、この高圧的な態度は・・・。
失踪から戻って以来随分なタカビー振りじゃないか。



・・・・し、しかし、可愛いから許す!  (アア、ナサケナイ・・・)
Guide
 
 

ギョニー○○○!

ギョニー○○○!


知る人ぞ知る「ギョニー○○○」(○は本名)

近所のある居酒屋での通名・・・。私はそのように呼ばれて久しい。
で、その○○○っつうのは苗字として分るが、「ギョニー」ってなんだ?
という話・・・。

♪ギョニーが来たなら伝えてよ 二時間待ってたと~♪ ペドロ&カプリシャスか!?

♪Oh~ギョ~ニ~ィ~♫  アリスかっ!?

いやいやそうではなくて、ただただ魚肉ソーセージを愛して已まないだけ!!

その居酒屋に初めて顔を出したときから、そこの大将と熱きギョニソー談義に花が咲いてね、
お互いの深いギョニソー愛に意気投合。
以来、焼酎ボトルに「ギョニーのアニキ」と勝手に名入れされてしまい、
挙句「ギョニーさん」と呼ばれるハメに・・・。



で、そんな枕もそこそこに今回の本ネタはコレダ。
DSC_1755.jpg



ギョニソinパスタonタラ~コ




まずはギョニソーをぶつ切りにしてパスタをご覧のように刺します。
ギョニー1仕込





大体6本から7本くらいが丁度良いかもです。
気の済むまで刺してもらってもモチロンOK!
ギョニー2仕込






後は規定の時間茹でるだけ。
パスタ用の鍋だとやりづらいかも・・・。
私はフライパン利用です。
ギョニー茹で1





ひたすら茹でましょう。
ギョニー茹で2





なんか得体の知れない宇宙生物みたくなってます。(笑)
ギョニー茹で3





茹で上がったらお皿に取ってクルクル巻いたら綺麗に納まりますよ。
タラ~コをトッピングして完成です!
トッピングはもちろん何でもOK、いろいろお試しください。
ギョニーパスタ完成4タラコトッピング

お味は、アッサリと淡白で美味しいですが、ソースにひと工夫必要な気がします。
トマトクリーム系とか合いそうです。
ミートソース仕立てもいいかも!


子供の頃結構な頻度で食べていたレトロ食品「魚肉ソーセージ」
今ではスーパーでも探し出すのに苦労するような存在になってしまった感がありますが、
実は各メーカーさんは一生懸命努力していて、「味」的には格段の進歩を遂げております。
コンビニなどでも新商品が並んでいたりして中々頼もしいのですよ!


さぁみなさんも、「Let's try!ギョニソ活用!」  



 如何~!?





Guide
 
 

いそしぎ

いそしぎ





The Sandpiper(いそしぎ)

エリザベス・テイラーとリチャード・バートン
1965年の名作です。
映画は知らなくてもこの曲・メロディーはよくご存知かと思います。

物悲しくも切ないこのラブストーリー・・・。

寄せ引く波に連なって群れるいそしぎの動きに被せたものなのか?
アンディ・ウィリアムスの甘くソフティなボーカルが心に染み渡る・・・。






んで「いそしぎ」です。
いそしぎ玄関

ここはうちから車で20分程の食堂なんですが、住宅街のど真ん中でとっても分りにくいところにあります。
噂で、ここの料理は旨い!というのをしばらく前から聞いていて、やっと訪れることができました。





いそしぎの大将です。
御歳74歳。
なんと40年前からここで営業しているそうです!
いそしぎ大将

40年前と言ったら、
この界隈は宅地造成がまだあまり進んでおらず、牧草地と原野が殆どだったはず!




ではここの人気メニューをご紹介。
「いそしぎ特製焼肉定食」
いそしぎ特製焼肉定食




分厚いトンテキにたっぷりの大根おろしに特製のタレ!
これが旨い!!
トンテキおろし




どうすか、この厚み!柔らかくてジューシーで言うこと無し!
トンテキ2





そして、何よりも旨いのがこのご飯!
炊き加減といい、ふっくら感といい、全く街の定食屋じゃお目に掛かれない素晴らしいご飯!
いそしぎご飯



してこのお味噌汁が上等な煮干出汁でねぇ・・・、涙出た。
いそしぎ味噌汁

いやぁ、お味噌汁の果てまで、大将のこだわりが隅々にまで感じられていっぺんにこのお店のファンになってしまった。





奥さんと二人で切り盛りして40年。すごいなぁ・・。
んで、ふと思ったんです。
いそしぎ厨房

それはこういう事・・・。
このご夫婦、その冒頭の名作「いそしぎ」のリアル世代だと言う事。
お店の名前の由来はあのロマンティックな映画の題名から来ていて、
それはきっとお二人が若い頃一緒に観た映画だったに違いない・・・。

だっていそしぎという生き物を知っている人はそうそう居ないし、そういう名のお店を
私は今まで見たことが無いよ。だからきっと・・・。

そんな事がふと脳裏をよぎり、なんともホンワカな気持ちに満たされてしまったのです。

そこで、ちょいと訊いて見た。

私:「大将、いそしぎって名前はあの映画のいそしぎが由来ですか?」

大将:「う~ん・・・いや、別に、ただ何となく。」

私:「ウッ・・・。」



なんだよなんだよ、もの凄くロマンチックに盛り上がっていたのにさ・・・。

ガッカリだよ~!!



でも美味しいからまた行きますヨ!!

Guide
 
 

ロスデイゴス事件

ロスデイゴス事件



久々の更新です。

いろいろといろいろないろいろがありまして、ちょっこし疎遠になってしまいました。

こんな拙ブログにも心配してくださる方がいて、
いろいろと優しいお言葉を掛けて頂きました。ありがとー!

さて、そのいろいろな事の一つに、デイゴの行方不明事件が・・・。(またか??)

今回の家出はちょっと長くて一月以上にも及んだため、もう完全に諦めていたんですね。
前回の時は、失踪直後から目撃情報があちこちから寄せられて、常に安否確認が取れていたのですが、
今回はマッタクその手の情報が無く、これは直後に事故死したか連れ去られて飼われているかの
どちらかだろう・・・、と思っていたところでした。

それが、ニョッコリ帰ってまいりましてね・・・。

わはははははははは!なんて目出度い!!

前回2週間振りに帰ってきた時は、ガリガリに痩せ細って大変に無残なお姿だったんです。
だから今回はもう相当にヤバイ状態であると予想していたんですが、抱き上げてみて驚いた!

ナニ? お、重たいぞ・・・?

ここ、こいつ、太って帰ってきやがった!!

どこで何やってたんじゃ~~~!!




つづきにご本人です。




Guide
 

Menu

画像Clickで記事ページ

検索フォーム

キーワードで記事を検索

 

うみねこカウンター

プロフィール

うみねこ

Author:うみねこ
いらっしゃいませ!物好き、ひねくれ大歓迎!

反主流であまのじゃく・・・人がやらない事ばかりやって来たみたい・・・。
でも、反主流が居てこその主流なんですから、それも立派な社会の構成要件ではあ~りませんか!
だから、自信を持って生きております。

お気楽ノンポリブログで~す。

(私は男性!女性疑惑をキッパリ否定します。(笑))

フリーエリア

   うみねこ掲示板     うみねこ部屋フェチ検定

最新トラックバック

アルバム

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索