うみねこ部屋

無節操でノンジャンル。日々是工事中ですがよろしく!

ラーボナーラ。

どこぞのyoutuberが面白い事をやっていたので真似してみた。インスタントラーメンを牛乳で煮てカルボナーラ風に仕上げる・・・。という荒業なのだが、ご本人はすこぶる旨い!と豪語していたのでやってみる。題して「ラーボナーラ」材料は簡単、これだけ。とりあえず推奨されていた銘柄、「札幌一番塩ラーメン」をチョイス。後は牛乳と卵、そして旨い棒。旨い棒・・・?本人曰く、旨い棒を入れると大変美味しくなるらしい。今回は...

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.11.30.
ichiran16.png ⇒ ラーボナーラ。 ▼ ラーボナーラ。

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.11.27.
ichiran16.png ⇒ サルベージ ▼ サルベージ

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.11.26.
ichiran16.png ⇒ ぱいれーつ ▼ ぱいれーつ

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.11.20.
ichiran16.png ⇒ DRX ▼ DRX

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.11.15.
ichiran16.png ⇒ 謎の小包 ▼ 謎の小包

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.11.12.
ichiran16.png ⇒ うなぎ ▼ うなぎ

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.11.07.
ichiran16.png ⇒ 続・宝塚 ▼ 続・宝塚

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.11.04.
ichiran16.png ⇒ 宝塚 ▼ 宝塚

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.10.05.
ichiran16.png ⇒ ねるら ▼ ねるら

 

ラーボナーラ。

ラーボナーラ。


どこぞのyoutuberが面白い事をやっていたので真似してみた。

インスタントラーメンを牛乳で煮てカルボナーラ風に仕上げる・・・。
という荒業なのだが、ご本人はすこぶる旨い!と豪語していたので
やってみる。

題して「ラーボナーラ」





材料は簡単、これだけ。
DSC_2602.jpg
とりあえず推奨されていた銘柄、「札幌一番塩ラーメン」をチョイス。
後は牛乳と卵、そして旨い棒。







旨い棒・・・?
本人曰く、旨い棒を入れると大変美味しくなるらしい。
DSC_2604.jpg
今回は3つの味を用意してみた。
サラミ味、コーンポタージュ味、やさいサラダ味・・・。








では行きます。
鍋に牛乳を豆乳・・・いや投入。
規定量です。
DSC_2605.jpg











後は普通に作りますよ。付属の粉末スープも入れちゃいます。
DSC_2606.jpg
















3分経ったら出来上がり。
DSC_2609.jpg













こんなんです。
DSC_2610.jpg






旨い棒はカルボナーラと言うことなので「サラミ味」をチョイス!
倍率ドン、サラミ倍!!(マタカ?)
DSC_2612.jpg

卵をトッピングして粗挽きブラックペッパーを散らして完成!








さて、実食。
DSC_2614.jpg
DSC_2619.jpg
DSC_2620.jpg


!・・・・・・・!!・・・・・う~ん・・・。

うっ、う~ん・・・・。こ、これが旨いのか??
その人はね、「これを食べたら、もう普通のラーメンに戻れなくなる!」

と豪語しておったんですよ・・・。

いや~これは無いぞ!無しだよ!キミは一体普段何を喰っておるのだ?
ダメだよ~、こんなの世に広めちゃ・・ダメッ、絶対!



ホントは美味しかったら、ちゃんと動画を拡散してあげようと思ってたんだけどね・・・。
これじゃ不幸の動画になってしまうよ。(真顔)



あぁ久々に不味いもの喰った・・・。(涙)
皆さん真似しないでね~!
Guide
 
 

サルベージ

サルベージ



15年前のハードディスク
DSC_2591.jpg






右下のICチップが焼損。
DSC_2594.jpg
当時モクモクと白い煙が立ち登ったのを思い出す。





実際の修理は、このICチップを交換するのでは無く、
仮想基盤(クローン)をソフトウェア的に構築して再生するらしい。
DSC_2600.jpg

今やどの業者も似たような技術で修理していて、業者による技術的格差は殆ど無いと言って良いだろう。

ただ、同じようなリカバリー内容でも掛かる費用はピンキリで格安で良心的な業者も有れば、
足元を見て、ボッタクル業者も居る訳です。
業者を見極める知識とある程度の狡猾さがないと、高い買い物になる事しきりです・・・。

私の場合、同じ内容で数社に見積もりを出させましたが、それこそピンキリで、
下はサンキュッパ(39800円)から上は50万円まで様々・・・・。





何事も良く知る事が肝要でございますよ~。

Guide
 
 

ぱいれーつ

ぱいれーつ



パイレーツ・オブ・カリビアン

RS=^ADBSVNzrrFzlDgs9cpM1LcPOsmCv3k-;_ylt=A2RimV0Q0xlaI0QACjKU3uV7;_ylu=X3oDMTAyN3Vldmc1BDAD

レンタルDVDがリリースされたので早速借りてみる。
さすがに5作目ともなるとマンネリなのは否めないかな・・・。
でも今回は脇役陣が中々の活躍でしたよ。



個人的にお気に入りのハビエル・バルデムが好演しとります。
Javier_Bardem_2011_AA22.jpg

「ノーカントリー」で彼を初めて観た時、ちょっと衝撃でした。
以来出演作は殆どコンプです。(そんなにないけどね~)
あ、ペネロペ・クルスの旦那さんですよ~。

レギュラー陣は皆等しく歳を取ってしまってねぇ・・・、そろそろ限界?
多分「6」は無いような気がしますが・・・。



さてさて、お次は何を観ようかな。海外TV系もいいよね~!









続きにオマケあり。






Guide
 
 

DRX

DRX


古い写真を探していたら、こんなものが出て来ました。


ホンモノのビンテージです。
私が16歳で二輪の免許を取って、初めて買ったゴーグル・・・。
DSC_2177.jpg



スワンズ:SWANS:山本光学製の「DRX」

このタイプは当の昔に廃番になっていて、もうどこにも売っていません。
DSC_2179.jpg

当時としてはあらん限りの安全対策を盛り込んだスワンズの傑作です。
レンズは当時としては珍しいポリカーボネート。強靭な耐久性を誇ります。
衝撃で割れて飛散する素材は一切使っておらず、フレームは鉄!!






フレームと面当て部分が、丁寧に縫われていますね。
当時、職人さんが一つ一つ手作業で製造していたんですよ。
DSC_2188.jpg





いや~、これが出てきた時嬉しくて涙が出そうになりましたよ!
DSC_2189.jpg
私の青春と共に過ごしたゴーグル。乗るバイクは変れど、こいつはいつも傍にいたんです。

もう面当ての部分もボロボロ。
バンドもゴムが伸び切って役に立たないんですが、コレ捨てられませんよ!

何とかレストア再生出来ないものか?

そこで製造元の山本光学へ電話してみましたよ。

事情を説明して、担当の方に繋げて頂きました。
ところが、もうこの手のゴーグルは製造しておらず、
修理する職人さんも既に1人も居なくなっていて、
リペア用の材料が皆無で対応は出来かねます。
とのこと・・・。

う~ん、残念。
このゴーグルでまたバイクに乗りたいぞ・・・。諦めきれない。

ここでまたまたうみねこの往生際の悪さが顔を出す。

私:「あの、完璧にレストアしなくてもいいんです、とりあえずゴーグルとしての役目が果たせればいいんですけど・・・。」

担当:「お気持ちは分かりますが、中途半端な修理で安全面に支障が出る事が予想されますのでそれもご期待に添えません。」


と、取り付く島がない・・・。
確かにそうだよなぁ。もっともだ。

と、ここで先方の親心が刺激されたのか、こういう展開に発展。

担当:「ただ・・。」

私:「ただ??」

担当:「実際にバイクに乗るための道具としてではなく、イミテーションとしてのご使用するのであれば、
    それなりに形には出来ると思います。それに、こんなに長きに渡り、弊社の製品を愛して頂いて
    こちらとしても冥利に尽きるところがございますので・・・。」


お~!なんと頼もしいお言葉。何でも言ってみるもんだ!
翌日、早速梱包して大阪本社まで送りましたよ。 



さてさて、年内に出来上がってくるだろうか?楽しみ楽しみ・・・。  





追記

本日の気温。
気温

もう一気に真冬に突入!!
いつもはもっとゆっくりといらっしゃいますのに、今年は乱暴じゃ!
いきなり30センチ超えの積雪はキツイ・・・。(コ、コシガ~!)

Guide
 
 

謎の小包

謎の小包


HADAKINさんから謎の小包が届いた。

謎の小包











中身はなんとコレ!!
jik241.jpg








んな訳なくて、コレが入ってましたよ! (お約束のボケかまし・・・(汗))
hadakin1.jpg
直筆のハックが可愛いニャ!!


さてさて、その中身は・・・?





ウ~~~、コレ凄い!!スゴスギル!!
デイゴとハックと三毛と二毛の高級フィギア~!
DSC_2582.jpg








そのクオリティの高さに唖然・・・。
方眼マット(1メモリ5mm.ですよ!)でご確認ください。
一体3センチ弱です!そしてこのカラーリング!!
DSC_2562.jpg

どれだけ丁寧に時間を掛けて作って戴いたのか、その辺がシ~ッカリと伝わってきて、
あたしゃもう涙そうそう~!!

特にデイゴカラーの忠実さに脱帽です。光線の加減で変るシルバーコートが
見事に再現されてますよ!




高級黒壇の台座に載ったデイゴとハック。
う~ん感無量じゃ~!
DSC_2566.jpg







猫三尊像・・・。
DSC_2581.jpg
これぞアルカイックスマイルや!
アリガタヤ~~。

これはもう、神棚に奉って毎日手を合わせなければ・・・。



HADAKINさんありがとうございました!

え?お返しは金塊がイイって?ウヌヌ・・・・か、考えて置きますすす・・。

Guide
 
 

うなぎ

うなぎ


英語では穴子も鰻も「イール」。
欧米じゃ気持ち悪るがって食べない人が多いそうです。




これはガーデンイール。
photo24.jpg





そのイールを殊の外有り難がって食べてイ~ルのが日本人です。(ソレガイイタカッタノカ?)


で、鰻です。
川西阪急の地下でもう25年も鰻一筋で営業している
「うなぎや」
です。
DSC_2388.jpg






そのまんまの屋号!シンプルそのもの!
DSC_2385.jpg






メニューはこれだけ・・・。
DSC_2386.jpg





エエとこ使ってまっせ!
DSC_2387.jpg






おとうちゃんとおかあちゃん夫婦二人で仲睦まじい・・・。
と思ったけど、このおかあちゃん結構キツかったなぁ・・・(笑)
DSC_2389.jpg
このレジの上の乱雑さ!お札が飛び散らかってますよ!
ドロアーを締める暇も無い位に忙しいという事か?


ここ、実はイートインがメインではなく、あくまで蒲焼の販売が本業。
だから、客席は7席のカウンターしかなくて、そこに行列が出来るんですね~。
イートインの営業時間はめっさ短くて、午後2時にはお終いになってしまうのです。

だから並んだよ、私・・・。




「変りうな丼」1350円
DSC_2391.jpg
これはお勧めだ!
皮目がカリッと身はふんわり。綺麗に脂を落とした上品で優しい鰻に、
大葉と葱、パリパリの焼き海苔がそれぞれ香ばしく自身を主張して実に旨い!!
行列の理由が良く分る。







倍率丼!
DSC_2393.jpg





更に倍!!
DSC_2392.jpg




「うなぎや」は阪急宝塚線、川西能勢口駅
阪急百貨店川西店地下一階にございます。
宝塚観劇の前の腹ごしらえに如何でしょう!



今日はオマケ有り升。

Guide
 
 

続・宝塚

続・宝塚


宝塚の有名店の内のひとつ、「ルマン」です。
サンドイッチの銘店!


DSC_2468.jpg




もうよりどりみどりの浜千鳥!(ナンダソレ?)
DSC_2472.jpg





もの凄く迷いますよ!
その内通いつめて全種類制覇してやる。(真顔)
DSC_2473.jpg





で、結局冒険できずにエッグサンド・・・シクシク
DSC_2474.jpg
でもね、ここを教えてくれた人が、「エッグサンドが美味しいよ!」って言ってたからさ・・・。




で、実は大正解!すこぶる旨い!
DSC_2476.jpg



さすが宝ジェンヌの街、お洒落でクオリティ高いぞ!再訪間違いなしだ!




して、こんなのも発見。
DSC_2433.jpg






??たばこやさん??
DSC_2434.jpg





ちょっと妖しい雰囲気・・・。ちどり??
DSC_2435.jpg





喫茶ちどり・・
全く人の気配がない、というより営業している感がないよ・・・。
DSC_2436.jpg
ドアの前で僅かの間迷ってみたが、ついぞドアを開ける勇気が出て来ない・・・。

結局スルーして前回ご紹介の「伊万里」へと言ってしまった訳ですな、ハハ。





次回は川西のうなぎやへGOだ!

Guide
 
 

宝塚

宝塚


仕事で宝塚へ。




宝塚の劇団員って全員阪急電鉄の正社員なんですよ。
と突然言って見る。(笑)







阪急宝塚線。
梅田(始発)から終点宝塚まで30分くらい。
駅を出るとこんなオブジェがお迎えです。



DSC_2399.jpg





DSC_2395.jpg




DSC_2394.jpg







これは「はなのみち」
駅前から宝塚大劇場までの綺麗な沿道です。
DSC_2405.jpg





DSC_2406.jpg












劇場はこんな感じ。
DSC_2407.jpg




DSC_2457.jpg





DSC_2460.jpg




今上演中なのは「ベルリン、わが愛」!
DSC_2459.jpg
ここまで来ると俄然観たくなってしまう・・・。
でも観ている暇は無いのであった。(ザンネン!)






劇場を過ぎると現れるのが「手塚治記念館」
正確には「宝塚市立手塚治記念館」
DSC_2414.jpg




ジャジャ~ン!思っていたよりも立派!!
DSC_2419.jpg






DSC_2421.jpg





エントランスのオブジェ達。
DSC_2422.jpg





「火の鳥」の横に「ニトリ」・・・ブハッ!
DSC_2423.jpg
偶然だけどウケル。




大好きな「ヒゲオヤジ」
DSC_2426.jpg
私にとって安全毛布のようなキャラクターです。




横から見たの図。
DSC_2430.jpg
往年のキャラクターが巨大レリーフでお出迎えです。

手塚治が幼少期を過ごした宝塚。
様々な資料が山のようにありますよ!
一日中居ても興味は尽きません。



ずうっとここに来たかったんですよ・・・。
仕事の合間を見ての僅かな時間でしたがもの凄くこゆい時間を過ごさせて頂きました。





帰り道、
近くに洒落た喫茶店を見つけたので入ってみた。
DSC_2438.jpg






DSC_2439.jpg






DSC_2441.jpg









「伊万里」
店内は狭いけど風格が感じられてイイカンジ。

きっと宝ジェンヌ御用達なんだろうね~。

店名の由来はこの「伊万里焼」
ご主人の趣味だそうです。
DSC_2454.jpg






DSC_2456.jpg
この地で30年・・・。
往年の宝ジェンヌ達を見続けて来たんだろうなぁ。








マンデリンを注文。
丁寧にサイフォンで淹れてくれましたよ。





宝塚・・・、なんか独特の落ち着いた雰囲気があって素敵な街でした。
ちょっと今までの私の経験の中では他に例える所が無いなぁ。
なんかこう・・旨く言えないけどいいんだよねぇ。



また近いうちに仕事じゃなく行きたいなぁ・・・、いや、きっと行くだろうね。(笑)



Guide
 
 

いかんです。

いかんです。

最近なかなかブログにたどり着けなくていかんなぁ・・・
仕事の忙しさにかまけて余裕のない日々が続いとりますが、いつものル―ティーンに早くもどさないとすっかりうみねこらしくなくなってしまうので頑張って更新しなきゃね。

と、電車の中でサックリと更新。
Guide
 
 

ねるら

ねるら

久々の更新です。
ブログを始めてから最長の休眠でしたが、特にネタ切れとか変った理由ではなく、
単に仕事が忙し過ぎたからです。(汗)

実は今も忙しくてアチャチャなんですが、ちょっと時間が出来たのでその間に更新です。(笑)

9月はまるまる一月間の大きなイベントがあってその準備期間も含め、ブログの世界とは疎遠に
なってました。今月も関西にて3週連続のイベントに参加が決まっていて、ふたたびお休みになりますが
年内はこんなペースになろうかと・・・。









では本日の話題。

「ねるら」

ラーメン屋さんです。

こんなの・・・。

DSC_2368.jpg


ここの場所が実は凄くて、札幌市の中心街!ビル街に囲まれた奇跡のような木造建築物・・・。


スゲー!一体築何年だろ?

発見した時はまだ開店前。暖簾も看板も出ていなかったので、
ラーメン屋だとワカルまでにしばしの時間が・・・。












はい、オープンしました。
DSC_2371.jpg

どうです?妖しいでしょ?













玄関周りの雑草・・・なにやら異空間の匂い。
DSC_2328.jpg











しかし何故「ねるら」なのだ・・・??
DSC_2372.jpg













!!Wi-Fi使える!!
DSC_2373.jpg

すごい、ドキドキしてきた・・・。












中にハイ~ル。
DSC_2318.jpg












写真ではよく伝わらないかと思いますが、
文字通り歪んだ空間・・・。
妖し過ぎる。
DSC_2321.jpg

先客は1人だけ・・・。













椅子とテーブルが全てバラバラ。(ステキ!)
DSC_2319.jpg






何も足さない・・何も引かない・・・。

まさにそんな感じ。



店主は40代初頭のおねいさんで、彼女1人で切り盛りしていますヨ。
イメージはチョイ美人で不思議系・・・みたいな。




いろいろ訊いてみた。


私:ここで何年程やってらっしゃるんですか?

ねえさん:もう10年経ちました。

私:ええっ!そんなに!?し、知りませんでした。で、築何年なんですか?

ねえさん:80年。

私:ブッ!!!マジですか!?


ねえさんは、もうこの質問には相当飽き飽きしているようで、結構ぶっきらぼうでしたが、
構わずに更に問う私・・・。


私:ところで、何故「ねるら」なんですか?

ねえさん:(やっぱり来たか・・といった顔で)「銀河鉄道」の・・・

と言いかけた時。

私の口から「カンパネルラ!!」 が飛び出した!
そう、「銀河鉄道の夜」のそれ。

ねえさんは急に嬉しそうに笑って、ウンウンと頷きながら厨房へ。
なんだか急におねいさんがカンパネルラのイメージと重なって、
この不思議な空間を見事に演出しているかのような感じ。








いいなぁ、この感じ・・・。











で、いつものように初めてのお店では醤油ラーメン。
DSC_2326.jpg

いいですねぇ。このラーメンのデフォルト系スタイル。
私の大好きなラーメンです。










旨そう!
DSC_2324.jpg







で、お味はどうなのかって?

そ、それは訊かないで・・・
ここはこの異空間の雰囲気に浸る所。

ジョバンニとカンパネルラのやり取りを想いながらラーメンをススル・・・。
あぁ、それだけで充分な存在価値があるのですから!



だ、だからお味の事は訊いちゃいけません。(真顔)








Guide
 

Menu

画像Clickで記事ページ

検索フォーム

キーワードで記事を検索

 

うみねこカウンター

プロフィール

うみねこ

Author:うみねこ
いらっしゃいませ!物好き、ひねくれ大歓迎!

反主流であまのじゃく・・・人がやらない事ばかりやって来たみたい・・・。
でも、反主流が居てこその主流なんですから、それも立派な社会の構成要件ではあ~りませんか!
だから、自信を持って生きております。

お気楽ノンポリブログで~す。

(私は男性!女性疑惑をキッパリ否定します。(笑))

フリーエリア

   うみねこ掲示板     うみねこ部屋フェチ検定

最新トラックバック

アルバム

最新記事

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索