良い季節

良い季節

ポカポカと頭を叩く陽気かな・・・・な、なんじゃソレ?

き、気を取り直してお題です。

ポカポカと背中にふわり陽の恵み・・・

に続く下の句を付けてください。
(例:それにつけてもおやつはカール・・・)←これはないです・・・(汗)



で、本日の主題はそれではなくて、ウチのご近所の様子を少しアップいたしますね。



今年は異常な寒さが続き、札幌ではつい先日桜の開花宣言が出たばかり・・・。
本日の予想最高気温は25℃!や~っとキター!という感じです。
家々の庭には2羽にわとりが・・・じゃなくて、色とりどりの花たちが咲き始めましたよ。

例年いち早く咲くスイセン・・・今年はチューリップやその他花たちとそろい踏みです。
うみねこ部屋






そして芝桜も!
うみねこ部屋





ドウダンツツジも!
うみねこ部屋






チューリップ、シデコブシ、奥には桜が・・・!!
うみねこ部屋





満開のシデコブシ
うみねこ部屋





梅!!
うみねこ部屋





桜!!
うみねこ部屋





サクラ!
うみねこ部屋





ウメ!
うみねこ部屋





梅と桜!!
うみねこ部屋





今日撮影したのはこんな普通の住宅地です。
うみねこ部屋


本来の季節性で行くと、それぞれの開花時期には一定の順序があるのですが、今年は何もかも一斉に来てしまいました。

季節性の圧縮?もしくは圧縮された季節性と言うべきなのか・・・。

かなり昔、うみねこが家庭菜園を始めた頃の事・・・。野菜の種まき時期を間違い、かなり遅れてしまった時、農家のじいちゃんに教えを請うたことがあります。

じいちゃん曰く、

「大丈夫遅く蒔いてもな、ヤツらは急いで実を着けて帳尻を合わせるもんだ・・・。」

と、のたまったものです。ナルホドネー・・・。


今のこの一斉に咲く花たちを見ていると、じいさんの言っていた事が正しく説得力を伴って思い起こされるのでした。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

1 ■花盛り~!

ご近所で、こんな素敵な花が見られるんですね。
みんなとてもキレイです。
芝桜~。特にかわいい~。

待ちに待った春到来ですね。

季節性の圧縮。

私もこれから何か初めて
帳尻合わせられるかな~。
急げ~。


あ、下の句。
考えてきま~す。

2 ■Re:花盛り~!

>Bettyさん
まるで満水のダムが決壊したような勢い・・・

怒涛の開花ラッシュです。

ネーネー、物事を始めるのに早晩を語るのはナンセンスですよ~!


3 ■無題

(下の句)
尽くし過ぎても
実らぬブー恋

(意味)
ツクシの季節も過ぎて世の中は
一斉に春がきたというのに
尽くし過ぎても
なかなかブーコの恋は実らない・・・

なんという世の中の無情・・・

キャー。ブーコさん、
これからすぐ実るわよぅ!!(BYろぼ)

一斉に春の花が咲いて
温かい日差しがあるだけでもう何だか嬉しい気分になりますね~。(何事もなかったかのように発言)

4 ■Re:無題

>ろぼたんさん

ブー恋!?いや~素晴らしい表現です。

またツクシと尽くしの掛け合いが秀逸!

さすがろぼ姫!恐れ入谷のクリアキン・・・です。

次回のろぼ句に期待大です!(笑)

5 ■Betty ココロの俳句

できた~っ>
下の句。

ポカポカと背中にふわり陽の恵み
うたたねするは 父の膝かな

おかしい?

マルボーズの親子スケッチが浮かんだの。
それを縁側の風景にしてみました。笑

6 ■ぎゃーーー

ブー恋、実って-何故実らん!!(笑)
...........それにしてもろぼさん才能ありますわ~
.....あっ!!ベチーももちろんですわよ~
(何か本当にそう思ってても後付けすると思いが伝わらないのは何故かしら.....)

ポカポカと背中にふわり陽の恵み・・・
そしてふわりとブーコをおんぶ❤

うん、完璧ですわ!!↑どこが?

7 ■Re:Betty ココロの俳句

>Bettyさん

ポカポカと背中にふわり陽の恵み
うたたねするは 父の膝かな

遠い過去のホコホコとしたお父様との思い出。
縁側に射し込む柔らかな陽射しは、Bettyさんを包み込む
無償の愛のよう・・・。

まさにBettyさんの今の心を詠まれていますね。

ジーンときました。

8 ■Re:ぎゃーーー

>ブーコさん

ポカポカと背中にふわり陽の恵み
そしてふわりとブーコをおんぶ❤

春の陽射しを受けて・・・
ダラダラと額から汗を滴らせた肉体労働者の
悲哀を余すところ無く表現し切った秀作です。

限界を超えた過酷な重労働・・・。嫌な顔ひとつせずに、
寡黙に作業に打ち込む労働者の姿を、独自の角度から
鮮烈に切り取った、ブコヤン・マーコビッチ監督の1968年度の話題作!

アレ・・・?うしし
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索