悲しみの果て・・・

悲しみの果て・・・

昨日の暴風雪、その悲しみの続報が・・・。

<暴風雪>雪に埋もれて親子発見…父は死亡 北海道・湧別

毎日新聞 3月3日(日)10時24分配信

 2日午後、北海道湧別町で、知人宅に軽トラックで向かった同町東、漁師、岡田幹男さん(53)と長女の小学3年、夏音さん(9)と連絡が取れなくなり、道警遠軽署員や消防隊員が捜索したところ、3日午前7時ごろ、町内の農業倉庫前で雪に埋もれている状態の2人を発見。夏音さんは命に別条はないが、岡田さんは搬送先の病院で死亡が確認された。低体温症とみられる。

 同署によると、岡田さんは2日午後4時ごろ、知人に携帯電話で「車が雪にはまり動けない」と連絡。その後、岡田さんと連絡が取れなくなり、知人が同日午後6時すぎに119番通報。同日午後9時半ごろ、知人宅から約500メートル離れた道路上で岡田さんの軽トラックを発見したが、中は無人だった。2人が見つかったのは車から約100メートル離れた牧場の無人のプレハブ倉庫前。夏音さんはスキーウエア姿だったという。

 岡田さんと知人宅は約2.5キロほど離れていた。札幌管区気象台によると、湧別町では2日に20.1メートルの最大風速を観測。同日午後は地吹雪だった。【吉井理記】


先程から、涙が止まりません・・・。

車からたった100メートルの場所で・・・しかも知人宅まであと僅かなんですよ・・・。

必死でわが身を犠牲にして娘さんを守り切った、お父さんの姿が余りにもリアルに浮かび上がり、もうどうにも涙が止まりません。最愛のおとうさんを目の前で亡くした娘さんの心情を思い図ると胸が張り裂けそうです。

これは、映画でもドラマでもなく、昨日の夜の現実・・・。同じ時に、私はのんびりと焼き鳥で一杯やっていました。このどうしようもなくいたたまれない気持ちは、押さえようにも押さえ切れません。


局地的な暴風雪はめずらしい事ではありませんが、しかし、この広い広い北海道のほぼ全域でこれ程の暴風雪が襲った事はないような気がします・・・。



嗚呼、夏音ちゃんが逞しく立派に育ってくれる事を願って已みません。





追記


岡田さんは夏音ちゃんを10時間抱き続けていたそうです。背を風上である北に向けて・・・。
岡田さん、2年前奥さんと死別し、父子家庭だったんですよ・・・たった一人しかいない肉親をこの吹雪は奪っていきました。なぜ・・・?北海道中が大荒れだったのに、なぜ因りによって子のこのお父さんが選ばれたのか・・・?

神も仏もないじゃないか・・・。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
バーティゴ!  ←バーティゴ! 【2013年03月】の更新記事一覧 →スパイス考  スパイス考
 

~ Comment ~

1 ■想像を絶する事故です。

私は在日米軍岩国基地の隣に住んでいますが
想像を絶する事故です。
地元の漁師さんで天候にも詳しい方が
命を落とすなんて本当に自然は恐いです。
娘さんが無事であったことがせめてもの
救いです。

2 ■Re:想像を絶する事故です。

>JOKERさん
本当に地元民にしても想像を絶する吹雪でした。
恐らくこの時のお二人は軽装であったと思われます。車の中は暖房が強烈に入りますので、ちょっとした移動の際、我々はあまり着込まないんですよ・・・。あの暴風では体感温度はマイナス30度級であったと思われます。
よく冬山の遭難が報道されますが、趣味の登山でのそれとは違い、日常生活の中での遭難から受けるインパクトは本当に悲しくやりきれないものがあります。

3 ■世界一のお父さん

この事故のニュースや事故当時の再現VTRを
今日まで何回か見ました。

山での遭難とかでなく住宅から近い距離で
遭難なんて。
南国に住む私には本当に想像も出来ず
言葉もなく、ただ息が止まりそうな悲しい事故でした。

あれから夏音ちゃんには全国から沢山の励ましのお便りがあり
「あなたのお父さんは世界一だ」と
自らの命を捨てて我が子を守ったお父さんを
讃える内容もありましたね。

悲しみを乗り越えて明るく強く生きようとする夏根ちゃん。
本当に幸せになってほしいです。

4 ■Re:世界一のお父さん

>yukoさん
この記事に目を向けてくれてありがとうございます。

未だにあの日の事を想うと泣いてしまいます・・・。

ネーネーは実感できないと思いますが、
北海道は沖縄県の37倍の面積があります・・・。

37倍ですよ!

あの日はその全土が余すことなくもの凄い暴風雪に襲われました。
局地的なそれは、確かにどこかで日常的に起きているものですが、道民誰もが初めて経験した最悪の気象でした。

だからこそ想うのです。何故あの親子でなければならなかったのか・・・。

私は、世界中の占い師や霊感を売りにしている輩に問いたい・・・何故、巨大な天災や人災(テロ)を未然にアピールしないのかと!このような時に、彼らが一斉に鳴りをひそめるのは何故?
何百年も前の前世を言い当てる事が出来るあの人達・・・只のでくの坊ではないですか?

あぁ、心の底から二人で生還して欲しかった・・・(涙)

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索