稲荷山

稲荷山


久しぶりのお稲荷さん。



京都駅から奈良線で5分。
稲荷駅で降りると、もう目の前がお稲荷さん。
麺切り1




商魂逞しき「きもの貸し出し」業が相変わらずフル稼働してますね。
DSC_1404.jpg
この時期(撮影時は2月)季節はずれの浴衣姿が違和感満載。(儲かりゃイイノカ?)
ま、その格好で歩き回っているのはアジア系の観光客が100%ですが・・・。
てか、ここにいる人達の8割は外人さんだよ。

だから、日本語を話す人を見つけると何故かホッとする・・・。






お参りをして、商売繁盛のお札を戴いてきました。
DSC_1425.jpg
今までは知人に買って来て貰っていたお札ですが、
やはり自分で行動しないとね!





して近江屋さんで稲荷寿司を食う。
DSC_1552.jpg
長年構想にありながら、出来ていなかった事。
それは

「お稲荷さんでお稲荷さんを食す!!」

でした。
遂にミッションコンプリート!(しみじ~み満足感・・・。)

近江屋さんはこちら。





素朴な店構え。
DSC_1553.jpg







DSC_1555.jpg





お客もやっぱほぼ外人。
DSC_1557.jpg







「おしながき」です。
DSC_1559.jpg
メニューにはありませんが、「きつねうどんセット」(お稲荷さん2個付き)を注文。







はい、お待ちどう。
DSC_1561.jpg
いかにもなうどんにお稲荷さん。





優しく炊かれた上品な油揚げに小ぶりな酢飯。
稲荷寿司1
ほっとする美味しさ。
「お稲荷さんでお稲荷さん」を遂に達成。
何とも云えぬ満足感です。(シミジミ~)





ケツネも正しくデフォルト・・・プラス、その更にお手本のようなお味。
DSC_1562.jpg

あぁ、このケツネとお稲荷さんがあと100年続きますよぉ~に~~♪



次回は稲荷山征服記です。(オタノシミニ~)


Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

えっ、何で伏見にいんの?(笑
スズメの焼き鳥は健在でしょうか?
外人ばっかり…
おそらく、外人日本観光Must seeランキング10位内ランキングの威力はスゴイですね。

Re: NoTitle

kaoさん

仕事で山口から横浜まで新幹線移動した際の
ブラリ途中下車の旅です。
だから、近江屋さんでお稲荷を食べた3時間後には
中華街で「お粥」を食べていました。(笑)

「スズメ」はスコブル健在でしたよ!(食べてないけど・・・。)

外人日本観光人気ランキングはもうずっと1位ですよ!!(マジっす!)
人っ子一人居ない稲荷山の修験道で出会った、
「たった一人」の人間ですらオランダ人でしたよ~!(ホント)

渋谷も原宿も


外人さんでいっぱいです。

京都のお稲荷さんにケツネうどん
甘くはなかったでしょうか?
炭水化物アンド炭水化物は関西の文化です。(笑)

相変わらず、飛び回ってはるのですなぁ。

久しぶりのマルボーズ

Re: 渋谷も原宿も

マルさん

えらい久し振りリアント!ようこそお越しやす。

渋谷も原宿も・・・。

ですよね。

最早日本の経済は彼らの落とすお金無しでは成り立たんのだろうか?

北海道の各観光地でも、原発事故以来ドン引きしていたアジア観光客が戻って来て、
嬉しい悲鳴を上げてますよ・・・。

当時は地方のホテル旅館業がバッタバッタと倒産して、関連する食品加工業も連鎖倒産の嵐でしたがねぇ。
なんか振り回されている感が甚だしいな・・・。


今度またお近くに行きますね。
パンケーキ食べよ!(笑)




  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索