アルコールストーブ詳細

アルコールストーブ詳細


それではご好評?のアルコールストーブHD(ヘビーデューティー)の最終型、
その詳細をお届けいたします。



こういうメカニック系に興味のない方はすっ飛ばしてくださいね。
結構マニアックな工具とかテクニックを使いますので、このタイプは上級者向けかな・・・。




では行きます。


今回はザワザワとこんな道具とか使いますよ。
1工作おっぱじめ!







特にコレ(回転砥石)が大活躍なんです。
2今回の要、回転砥石
今回使う灰皿にはキレイなクロームメッキが成されていますので、それをゴリゴリこいつで落としてやります。
そうしないと半田が乗らないんですよね~。





判りづらいですがこんな感じにメッキを落とします。
3メッキ落とし






では心臓部を形成する、銅管の登場です!
5ミリ径を使います。ホームセンターで250円とかで売ってますよ。
4銅管5ミリ登場






この銅管をコイル状に曲げてヒートパイプ兼ノズルに加工する訳ですが、
そのままやっちゃうと、大抵潰れて旨く出来ませんので、「焼きなまし」と言う技を使います。
5バーナーで焼きなまし
バーナーで銅管が赤くなるまで炙りますよ!





こんな感じです。
6真っ赤に焼きますよ!







7こんな感じにね





パイプカッターで適宜セツダ~ン!
8パイプカッターで切断
獲り合えず20センチ位に切って置きましょう。





さてさて、またまたノウハウですよ。
焼きなましをするとかなり柔らかく曲がるようになるのですが、
それでも小さな径に加工するにはマダマダなんです。
9パイプに砂を詰める
そこで、パイプの中に砂を充填して、加工時に管が潰れないように致しますよ。





砂を詰め終わったら両端をテープで養生します。
10テープで両端を止める






いよいよ曲げに入ります。
ここで、あのバーナーが再び登場です!
このパイプ径が今回は理想的なんですね~。
11バーナー再び登場!






ここにパイプを押し付けて曲げて行きます。
12この部分を使って曲げます






ハゲ始め、・・・いや曲げ始め。(ココハワラウトコロ)
13曲げ始め






ハゲ終わり・・(シツコイヨ!)・・曲げ終わりです。
14曲げ終わり






こんな感じです。
15こんな感じ





同じように2個作りましょう。
16二個作ります






ではいよいよ本体の加工です。
17穴の位置をポイント
穴のポイントをマークします。





細いキリで下穴を開けます。
18下穴を開ける






銅管サイズのキリで本穴を開けます。(5ミリ)
19本穴を開ける







ちょっと試しに差し込んでみました。
エエ感じです。
20差し込んで見る




ではよ~く磨いて、フラックスを塗りましょう。
フラックスとは簡単に言うと、半田の乗りを良くする物質だと思ってください。
21磨いてフラックス塗り
金属は加熱すると酸化皮膜というのを形成するんですが、それをある程度防いでくれるもの・・・
みたいな。酸化皮膜は金属同士の接着の邪魔をしますのですよ。
詳しくはググッテね。





いよいよ半田付け本番です!
22半田付け本番






裏面もね。
23裏面もね






今回は給油口のナットも半田付けにしてみました。
24ナットも半田付け






麻ひもをねじ込みます。
25麻ひもを入れる
燃料の吸い上げ芯ですよ。






公武合体!・・・1861年、イヤムズカシイ 公武合体・・・と覚えませんでした?(キュウニドウシタ!?)
26いよいよ合体

と言うアホなボケはほっといて、いよいよ本体の合体です。
このストーブは全く同じ型の100均灰皿を2個使って作ります。






ここでもしっかりフラックスを塗りますよ。
27フラックスを塗って~



合わせ目を半田で繋いでいきます。
28合わせ目を半田付け






出来ました!
29出来ました





では仏に魂を入れましょう。
30最後の仕上げノズル穴開け





ここが最後の肝心要。
今回は0.8ミリのキリ先でご覧の位置に穴を開けます。
ここから気化されたアルコールが噴射される訳ですね。
そして自己でパイプをヒートしながら、更に噴射圧を高めてバーナー状態になる・・・。
という構造です。
31ノズル穴あけ






闘魂注入!!
32燃料注入!
燃料注入ね・・・。






素晴らしく大成功です。
33着火!大成功!
400ccの水が3分半で沸騰しました。
これは過去最高の成績ですよ!




動画もあります!





長々とお付き合いありがとうございました。(ふぅ・・・)



追加記事あります。 (12/02 更に追記)

/



追加でキャップを付けて見ました。最終型かも・・・。




追記の追記

キャップの仕様が気に入らなかったので、少し見栄えをを良くしてみました。


ビフォー、
DSC_0880.jpg


アフター。
DSC_0899.jpg


後は五徳を本体に取り付けるくらいでしょうか?

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

ブラボー!!パチパチパチ!

ヘビービューティ?
ブーコの事かと思いましたよ。
デューティかww

素晴らしい~!
闘魂注入でボーボー燃えてますね。
動画、燃料がなくなるまで見てても飽きません。きっと。笑
画像はほぼ実物大? 
目の前に現物があるようでコーフンしますっ!

銅管をハゲる、いや曲げるのに砂を詰める。
なるほど~。
工具類、めちゃ見ました。萌え~♪
しかし、PC前でこんな作業をしてるとは!。。。驚

お疲れ様でしたぁ!

で、、五徳とかも手作りなの?

ヘビービューティ?

おほほ
呼びました?ヘビービューティってダイナマイト急な美女ってことですよね?💛おほほ
納得ですわ~
ギャハハ

ワタクシも、パソコンの前で作業されてるのにびっくりしましたわ!(^🐽^)

じーっ
あの手はうみさんの手ですよね?
うみさんと手、ワタクシの手となんか似てますわ
生き別れた姉妹でしょうか?
  • #2429 ヘビービューティブーコ 
  • URL 
  • 2016.12/01 15:20 
  •  ▲EntryTop 

Re: ブラボー!!パチパチパチ!

べちへ

これええでしょ?

火ってさ、何故かいつまでも見ていられるよね・・・。
ホント飽きないです。

今回はちょっと詳細にレポートしましたが、さすがにチョコチョコと
手を止めなくてはならないので結構大変でした。
久しぶりの半田付けでしたが、まぁまぁ腕は鈍っておりませんでしたよ。

PC前の作業はいつもの事なので、なんかここじゃないと落ち着かないかも・・・。(笑)

五徳はね、ダイソーの包丁立てをグイっと力技で広げて使ってます。スゴク実用的ですよ!


実は・・・このあとタイプ02が出来上がっているのですが、ひつこいので省略です。(笑)

Re: ヘビービューティ?

ブーコさん

おほほほ、呼びましたかって?


むははは、呼んでません!(キッパリ!)

それと何度も言いますが、あの手は私の手ではありませんよ、
助手のワトソンの手です。そろそろ覚えて下さいね、ワトソンが嘆いていますヨ。(うしし)

今年もあと1月ですね、沢山美味しいものを食べて食べて食べて食べて、研究して、また食べて・・・。
素晴らしいオリジナルレシピを完成させてください!
クックパッドの再開を心待ちにしていますよ~。




おお!追加記事あり!

近い!近い!
キーボードに近いよ〜・・
あぶっ!!  アチチ・・
火力強い!!
ふう〜〜。。もうハラハラする〜 笑

しかし、PC画面でストップウォッチ表示とはにくい事しますねぇ。
このこのっ!!www

100均の五徳ってこれね。
アロマコーヒーのキャップもなかなかオサレ〜♪

ブーコへ
え? うみちゃんの手が映ってた?
最初の動画の37秒〜38秒あたりには
うみちゃんのお股が映ってるよ。
カーキ色のズボン穿いてるざます。 
うみちゃんて、ちゃんと服着てるのね。ギャハハ

Re: おお!追加記事あり!

ハイサ~イ!

あ~股が映ってましたか?どれどれ・・・。

って、これは股と言うより膝小僧ですね。
しかもほんの一瞬なのに良く見つけましたね~!ゴイス~!

しか~し、あの膝小僧もワトソン君のですよ、ザンネ~ン!(笑)

追記でキャップを取り替えたのをアップしてます。
こっちの方がシックリきてますね。

アルコールストーブ、結構楽しくてハマリマスよ、
頑張ってベチ仕様スペシャルゴールドバージョンを作りましょう!

期待しちょるよん!

NoTitle

SU☆GO☆I☆
イイ!すごくイイ!カッコイイよ!うみねこさん!
燃えている時の音もイイ!
ハゲ始めとかドキドキです。(純粋な眼差し)
火を使う作業って、人の心を捉えて離さないですよね。

ハゲ始めと言えば(しつこい)。
しょうもない質問で大変恐縮ですが、
パイプを曲げ終わった後、砂はどうやって出すんですか?
サラサラーっと出てくるものなの?

こういう工具もアウトドアも縁の無い私ですが、
道具や作品を見るのは大好きで今回も大変有難い記事でありました。
スポーツ系のショップのアウトドアコーナーで使う予定の無い
ランタンとか見て興奮している人がいたら私かもしれません。

はいた~い!

アハハ、お股と言えばブーコが食いつくかと思って。笑
そうね、膝小僧だね。

追記の追記、大サービスありがちゅ~♪
きれいに仕上げましたね。
左官屋さんのモルタル仕上げみたい!!

こんな親切な作業工程をUPしてるのは
なかなか無いのでは??

彫金とかで銀や鉛を器に入れて溶かすのに使えないかと思ってる。
(バーナーをずっと当ててるのもシンドイんで)
いちおう、そういうの売ってるんだけどね。

ガスとアルコール、火の温度は違うのか。。
調べてみよう。

Re: NoTitle

へちょ2号さん

そんな、あまり誉めないで下さい。
どこまでも登ってしまいますよ。(キリマンジャロトカネ・・・)

で、ハゲ終わったパイプの砂のご質問ですが、
さすがへちょさん目の付け所がチガウ!
実はこの全ての工程の中で一番厄介でイライラするのが
この「砂出し作業」なんです!
決してアリス・サラ・オットや高梨沙羅のようにサラサラとは行きませんのですよ・・・。(ナニソレ?)
パイプの両出口から立管の部分は当然すぐに出てきますが、
問題はグルグルの部分!
コンコンコンコン・・・あらゆる方向にパイプを打ちつけながら根気良くやる訳です。
最終的にパイプの片方からストロー宜しく息を吹いてみてストレス無く通るまでやります。
まぁ、ここが命なので中途半端が許されないところなので、
一生懸命やるんですよ!



じゃ、へちょさんも頑張ってください!(ナニヲダ!?)

Re: はいた~い!

べちへ

完成度が高くなるとさ、もうちょっとカッコよくしたくなるよね。
まぁ、これで完成とします。(笑)

このバーナーの欠点は燃焼時間の短さにあります。
せいぜい10分位なんですが、それに任意のタイミングで着けたり消したりが
面倒です。ガスバーナーのようにオン、オフがスピィーディーに出来ないのも
用途を限られてしまうところですね。
やはり「加工道具」としては使えない部類なんだと思いますよ。

火の温度はどうなんででしょう?あまり変らないような気がしますが・・・。




今度は五徳付きを作ろうね~!(笑)

うみちゃんに刺激されて

さっきまでキッチンでガスバーナー使ってました。笑

今度は五徳付きを作ろうね〜!
(みなさん、べちが五徳作りに誘われてるわけではありませんよ。 笑)

Re: うみちゃんに刺激されて

べちへ

おぉ!彫金頑張ってるんすか?
良い趣味ですよね!
私は彫金も貯金も全然ダメみたい・・・。(真顔)


しかし、札幌に「にーびちさびたん」が分かる人、何人いるかなぁ・・・(笑)
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索