結局、虚しさだけが残った・・・。

結局、虚しさだけが残った・・・。


今日はよいこのためにこんな事を始めたよっ!


まずはスライスチーズをくりぬこう!
DSC_1433.jpg




こんな感じでふたつ・・・。
DSC_1425.jpg





今度はミニトマトだ!
DSC_1429.jpg




サクッと半切りの刑に処す・・・。
DSC_1430.jpg






キザミ海苔を準備しましょう。
DSC_1431.jpg
しか~し、結果的にこれは使わずに板海苔を使いました。
詳細は後ほど判明致します。









ムムッ!プラナリアか???
DSC_1434.jpg
チーズに海苔を丸く切って載せます。






お皿にカレーとご飯をよそいますね。
DSC_1435.jpg






半切りの刑に処したトマトをピョイと載せます・・・・・・あっ!!!
DSC_1438.jpg

こ、これわ!?






更に海苔アッドオ~~ン!!!
DSC_1440.jpg
結局キザミ海苔を使わなかったのはご覧の通り、
線が短過ぎて使えなかったからです・・・。(笑)




さて皆様、もうお判りですね!仕上げは続きでどうぞ!!








はい、目玉を入れたらドラエモ~ン!
DSC_1441.jpg







実は、結構リアルに立体的なディティールにこだわっていたりします。(笑)
DSC_1444.jpg





この無駄なこだわりがうみねこのうみねこたるところです。
DSC_1445.jpg






さぁて、まぁここまでは良かったんですがねぇ・・・。
ここからは一気に心が急速潜航。
DSC_1446.jpg






いざ食べる段になるとなんか妙に心がざわつくんですよ!
DSC_1447.jpg






あぁっ!!や、やめてくれ~!という彼の叫びが私の脳内にコダマするのです!
DSC_1448.jpg







キャー!
DSC_1449.jpg










ムキー!!
DSC_1453.jpg








ゲロゲロ~!
DSC_1450.jpg











わろうとる・・・・。
DSC_1454.jpg









まだわろうとるよっ!!
DSC_1455.jpg





う~ん、この罪悪感は半端ないですよ皆さん。

完成までの工程が花なんですね・・・。
完成したつかの間の喜びの後はひたすらブルーになること請け合いです。




ネット上に沢山あるこの手のキャラクター料理画像。
どれもこれも完成写真のみしかない理由がよ~く解りました。

例えるならば生きた魚の「踊喰い」に近いのかなぁ・・・
でもあれはすぐに目に触れないところへ落ち着くから余り比較にはならないか・・・。

これね、ずっと下から見られてるんですよ!
地味~に怖いんです・・・。



この微妙な感覚、アナタも是非お試しあれ!!(笑)







Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
手打ちラーメン  ←手打ちラーメン 【2016年07月】の更新記事一覧 →Q太郎  Q太郎
 

~ Comment ~

NoTitle

きゃあ〜〜〜〜〜〜!!!
ホラーだホラー!。

でも、よくぞやってくれました。
そうなのよ〜。常々思ってたのよね。
出来上がりは良いけど食べてる途中どんなんよ、って。
やっぱこうなるか‥‥‥orz

てか…
こだわり派と自称されてるところアレですが…
なんすか?この…
まるで中国なんちゃってみたいなどらいもんは!!

どらいもんの目は白い部分と青い部分(ルーの部分)を
跨ぐ位置についとるんですが?

この絵心のの無さに座布団全撤収の刑!

(爆)

Re: NoTitle

かめかめ(沖縄じゃ食え食え)さん

これマジホラーです。
巷ではキャラ弁とかムッチャ流行ってますが、皆様この絵面を完成させる事に
心血を注いでいるので、その後の悲劇に気付かないのか?
いや、きっと合えてその惨たらしさ故に公開していないのではなかろうか・・・?

今回の記事は、そんな不都合な真実?を公に晒した貴重なレポートとなってしまったようです。(笑)

で、なんですって?「中国のどらいもん」? 失礼な!!
この私の渾身の作品にケチをつけるのですね?

クッ・・・・(悔しいながらも現実を受け入れてしまった複雑な「クッ」(笑))

これはね、解説しますとこういう事なんです。

つまり、カレーの部分は液体なので当然ほぼ水平、平面状態になる訳ですね、
でご飯の部分は立体的な造型な訳で、本来楕円形のドライモンの目玉を忠実に再現いたしますと
ダリの「時計」のような絵面になってしまうのです。
これは考えに考え抜いた挙句の究極の折中案である事をご理解下さい。


だから!座布団はやらんっ!!!(ダメッ、ゼッタイ!)

NoTitle

そう、私が娘に「キャラ弁を作って!」とどれだけせがまれても
決して作らなかった理由がまさにコレです。

娘に罪悪感を覚えさせたくない・・・!
決して、決して器用さが足らないとか根気が続かないとか
そんな理由ではないのです・・・!

NoTitle

作り手であるおかーさんはその事に気付いてないんじゃないですか?
だって出番は仕上げて写真撮る所までだもの。

お子さんは‥‥‥試練だわ。
かわいいもの美しいものをその手で破壊しなければならない。
真実をじっと最後まで見つめつつ……v-12


とかなんとかいいつつ、テレビCMで見かけた
リラックマのオムライスはすげ〜〜〜!!って思いました。
年甲斐も無くアレを振る舞われてみたいとか思っちゃったわ(≧▽≦)
いえ、リラックマに興味は無いんですがね(^^;)

そういえば、アメリカのキャラ弁見た事ありますか?
もうね、だめだ‥ユメに出てきそう。
http://twinavi.jp/topics/tidbits/56b092c6-0f1c-436c-8003-4287ac133a21
日本人ってやっぱすごいかも。いや、
白米ってある意味反則材料ですよね。

という訳で、日本人はもうちょっとどらいもんがんばりましょう(^m^)


でも……ダリの時計になりきれず、ナナメになって半分目玉が
水没してるどらいもん作ってアップして〜〜〜(爆)
そしたら座布団倍返ししたる(≧m≦)

Re: NoTitle

へちょ2号さん

あぁ、ピコちゃんの切実な願いを自己の怠慢から情け容赦無く拒絶すると言う・・・。

まさに鬼畜の所業!

しか~も、その言い訳に人のブログをダシに使い己を正当化するとは・・・

まさにゲスの極み!!


>娘に罪悪感を覚えさせたくない・・・!


そんな事はピコちゃんがお弁当の蓋を開けた瞬間に見せるあの「感動に満ちた笑顔」と
そして、恐らくは一生涯彼女の心に残るであろう「ホコホコ」としたへちょさんへの優しい想い出
に比べたら、余りにも些少なリスクでありましょう。
特に幼少期の

「自分に出来ない事をしてくれた!」

という尊敬と感謝の気持ちはそうそう消えるものではありません。
これは親子双方にとって、将来への確実な「投資」であるのだと思います。



(STVラジオ子育て相談室・「うみねこに訊け」月曜~金曜・午前9時30分~45分)

わはは!

Re: NoTitle

もしもしカメよカメさんよ

作り手のお母さん、普通そこは気付かないですよね・・・。
だって自分で食べるお弁当じゃないからね~。
自分の弁当にそんな手間掛けるヤツいないしね。
基本、自己満足+食べてもらう人への愛情表現なんだと思います。

日々毎日の普段の食卓でそれをやるとそれはまさに苦行そのもの・・・。
だからお弁当でいいのだと思います。

しかし実際、自分のためだけにそれを作って食べてみると、
思い掛けない現実に付き合わされた・・・。
今回はまさにソレであったわけです。
製作途中はフンフン鼻歌まじりで実に楽しく、まるでフィギュアを作る
モデラーの如く。
完成後写真を撮っていざ実食・・・。
しばらく食べ進んでみて、そこで初めて現実の悲劇に晒される訳です。

なんか貴重な(不思議な)体験をしましたですね~。




アメリカのキャラドッグ!なんてアバウト!
国民性なのか??

次回のどらいもんはコンセプトを変えて、
「シュールどらイズム」
で行こうかな・・・?


(まだやるんか??)

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索