ソメイヨシノ (その2)

ソメイヨシノ (その2)



ちょっと間が開きましたが、前回から引っ張ります。

ソメイヨシノは全て〇〇〇〇!

さて、この〇に入る言葉は??
なんと正解は「イチビリ」でした!

・・・なんてことはありませんよ!
猫団子さん大正解です。そのとおり正解は「クローン」でした。

で、何がどうクローンなんだ?と言う事になる訳ですが、
それについてはちょっとめんどくさい説明が必要です。
でもめっさ長くなるので大部分を割愛してイッテミヨ~!






ソメイヨシノデスヨ
ソメイ





え~、ちょっとつまんない話で恐縮なんですが、
要は遺伝子のお話です、少しガマンしてくださいね。

まず、この世の全ての遺伝子には二つのタイプが存在する訳ですね。

簡単に言いますと「ヘテロ」タイプと「ホモ」タイプ。
ヘテロは(異なる)、ホモは(同じ)と考えてください。

これは遺伝子の接合型についてのお話なんですが、
対の遺伝子型(染色体の組み合わせ)が仮に
AA、BBであるのが「ホモ」
Aa、Bbであるのが「ヘテロ」

(文字が揃っているのと大文字小文字で揃っていないのとの違い・・・解りづらいよね・・・。)

あぁ・・だからどうしたの?
マッタク、ここまででも充分長いですヨネ・・・(シクシク)
ハイ、もうすぐ終わりますです。


で、対の染色体がホモ接合の場合は正常におしべとめしべの関係が成就されて実を結び、
その種から新しい命が芽吹く訳ですが、それがヘテロ接合になるとそうは行かない訳です。
いろいろと不都合が出てきて、ソメイヨシノの場合花も実も付けるのですが、それが発芽する事はなく、
自然に繁殖できない事になっちゃいました。

染井村の植木職人さん達も相当面食らったと思いますが、とにかくこの桜を増やして商売にするためには
枝をチョン切って挿し木にして増やすしか方法が無いと言う事なんですね~。
ソメイヨシノは今までそうやって挿し木のみで増やされてきました。
だから全てのソメイヨシノは全く同じ「DNA」を持つクローンと言う訳です。(ハァハァ・・・)



ソメイヨシノ・・・その歴史は300年余。
クローンなので、300年前の分身がそのまま生きている勘定になります。
しかし、意外にも個々の寿命は短くて60年~80年と言われております。
雑交配できないが為に自然な遺伝子の進化が起きず、病気や環境汚染に弱い身体になってしまいました。
病原菌もどんどん進化しますので、その変化を遺伝子が学習できないとも言えますが・・・。

近年はその病気への耐性の無さが災いして、他の生態系への影響が懸念されるようになり、
なんとなんと2009年から全国的に一斉にソメイヨシノの苗木販売が中止されました。(ホントデスヨ!)
もう7年も苗木が生産されていないんです。

こんなに日本に馴染んだ桜はないのですが、後は淘汰されていくのを待つのみだなんて・・・。


ただ、同じような咲き方をする別種の桜への移行も盛んに行われているのも事実で、
日本の景観が特に変化するような事はありませんのですが、皮肉な運命を辿るソメイヨシノが
なんとも不憫だなぁ・・・。
靖国神社の桜も殆どがソメイヨシノですが、近い将来それも確実に他の桜に取って代わる事でしょう。



-------------------------



では最後に言いたい事を少し。

品種改良って、実に緩やかなスピードで行われていますが、(と感じますが)
昨今、散々に問題視されている遺伝子組み換え作物なんちゃらかんちゃらと
なんら変らない事なんですよ!
そのプロセスがチョビット違うだけに過ぎません。

そこら辺を正しく理解するためには、
そもそも、遺伝子組み換え作物を要求したのは、我々一般消費者であると言う事を
ちゃんと踏まえる必要があります。
つまり、作物の病害虫を防ぐ農薬の使用をモノスゴ~ク嫌う世論が、それらに耐性の高い品種を
作らせた訳ですね。なのに・・・。遺伝子組み換え大ハンタ~イ!!と・・・。(人は我ままダヨ~)


あの人類夢の細胞・・・山中教授の「IPS細胞」も小保方さんの「STAP細胞」も
そう違いは無い事・・・、しかしながら世の大衆のイメージはそうは認識していません。
例えば遺伝子組み換え大豆なんか、大した悪者になっていて、ただ単に「遺伝子組み換え」
と言う言葉の持つ響きに過剰な嫌悪感を抱いてしまう現実と、片やノーベル賞バンザ~イの世論
がキッチリ同居しているんだなコレガ・・・。


IPS.jpg




私から見たら、研究室の中で人の鼻やら耳やらを人工的に発生させてしまう事の方が
遥かに「気持ち悪い」事なんですがね・・・。


あ、なんかグチっぽい終わり方??(笑)







Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

とても勉強になりましたわ!!

クローン....うみ先生、素朴な疑問です。
今までそう見てなかったので気づかなかったのですが、
ソメイヨシノ
みんな同じ形をしてるという事でしょうか?
↑ブーコ、完全におバカな質問(笑)

遺伝子組み換え...
なんか昔、遺伝子組み換え食品をずーっと食べ続けるのが怖い。後々どういう影響が子孫に出てくるか分からない。
と言っていた人がいましたわ。その影響もあってワタクシ無駄に恐れていたのですが
うみ先生、どうなのでしょうか?

Re: とても勉強になりましたわ!!

ブーコさん

グッドな質問ありがとうございます。

桜は植物ですので、それぞれに育つ環境で見た目は変りますよ。
外見上は(枝の張り方とか、幹の太さとかね。)スタンプで押したようにはなりません。

同じ形をしているのは遺伝子です。(DNAね)

DNA鑑定ってご存知でしょうけど、これをソメイヨシノで行ったら、
どの固体も100%同じDNAを持っている・・・と言う事です!


で、遺伝子組み換えの話ですが、

>なんか昔、遺伝子組み換え食品をずーっと食べ続けるのが怖い。後々どういう影響が子孫に出てくるか分からない。
と言っていた人がいましたわ。


こう言った間違った風評が世論を作り出す元凶になる事が多いですね。
この遺伝子組み換え食品は大豆やトウモロコシ等を筆頭にもう既に日常的に我々は食べ続けていますし、
「遺伝子組み換え」と言う言葉に過剰に反応しているに過ぎません。
解り易く言うと、
その昔、北海道では稲作が出来ない土壌でしたが、飽くなき品種改良の結果、今や大変素晴らしく食味の良い
品種が作られています。耐寒性、耐病性に優れた品種が現在の主流で、今後もどんどん新しい品種が生まれるはずです。
え~つまり、品種改良=遺伝子操作である訳なんですが、ここん所をちゃんと認識するといたずらに怖がる事はなくなるのでは?

それよりも何よりも、怖がらなくてはいけないのは、農薬の害です。

(過去記事を参照してくださいね http://deigorian555.blog.fc2.com/blog-entry-98.html#end )
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索