ソメイヨシノ

ソメイヨシノ

この時期、関東以西は桜真っ盛り。
ですがこちら(北海道)ではまだまだ先の事・・・。
ツクシの気配すらもありません。(シクシク)


で、そのソメイヨシノ。
この種は一斉に同時に開花する事から、気象庁の桜開花予想の標準木とされています。
今回は、「ソメイヨシノ」という名は何故付けられたのか?
と言う、またどうしようもないうみねこの好奇心からちょこっと調べて見ましたので
少しお付き合い下さい。

ヨシノ1




と言うわけで、いつものようにタラタラと調べていると、
「むぅ、こ、こ、これはオモシロイ!!」
と言ったワクワクするような事実に出会っちゃいましたよ!(あ、あくまで私的にですよ・・・。)
では、ここから少し細かくなりますので勘弁してね・・・。




染井さん、吉野さん?

ソメイヨシノ・・・ソメイさんとヨシノさんが作った桜なのか・・・?
な~んて、そもそもそのくらいにしか思っていなかった私ですが、
ちまちま調べているとこの桜、江戸時代の中期から後期にかけて
今の東京駒込あたりあった、「染井村」で作られたのが起源とされています。
そこは村全体が植木職人の集まりで、判り易く言えば秋葉原の植木版
と思って頂ければOKです。
で、そこでいろいろと職人さん達が品種改良をしているうちにこの桜が誕生した・・・
と言う事なんだそうです。
染井村で出来たからソメイヨシノ?・・・って「ヨシノ」はどこからやって来た???

え~、名前の由来に行く前に実はまた面白い話が・・・。
それはこの桜、初めからソメイヨシノとして売り出したわけではなかったんです。
当初はなんと、その名も「吉野桜」・・・

当時から桜の名所で有名だったのは奈良の吉野山。
う~ん、どうして江戸のど真ん中でヨシノザクラって言い切るのだ??

実はここには職人達の逞しい商魂が見え隠れします。
つまり染井村の職人さんたちは、商業的に派手なネーミングで売り出そうと考えた訳です。
勝手に「吉野桜」という名前で売り出して人気となる訳ですね。


ではここで問題です。

Q. この「ヨシノザクラ」は一体いつから「ソメイヨシノ」と呼ばれるようになったのでしょうか?

チッチッチッチッチッチッチ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ブッブー!!

残念、時間切れです。

正解は明治初頭でした。

どんどん進めます。(笑)

え~、学者さんの推定では明治初頭にこの桜の樹齢100年ほどのものが発見されており、
当時はそれが最古のものとされていました。
つまり100年間は「ヨシノザクラ」として関東近郊一円に広まっていた訳ですね。
それまでは、日本の植物学も未発達の時代ですので、詳しい分類がなされておりませんでしたが、
100年経ってようやく研究が進み、吉野山に多く分布するヤマザクラとは全く縁の無い種であることが
判明致します。
その後、学術名(和名)を付ける際に「ソメイヨシノ」と改めて命名される事となりました。

・・・う~ん、生まれてから100年経って、ようやく名前が確定したんですねぇ。

しかし、一改良種がここまで日本中を覆い尽くしているなんて、ホントに驚きですよね!
海外でも結構ソメイヨシノが話題になりますが、スゴイなぁ・・・。

開花時期が早くて、葉の成長が遅いのと、花の密集度が人気の理由とか・・・。
明治初頭より爆発的に全国にこの桜の植樹ブームが起こりますが、ナント現在この「ソメイヨシノ」の
苗木は買う事は出来ません。 (エエッ!!??)
2009年以降、日本中からソメイヨシノの苗木が消滅してしまいました・・・。(フシギダナー?)

ザ・ミステリーだ!



と、今回はここまで。
まだまだ続きますよ~!
ソメイヨシノ、もっともっと深い~です。




次回は、
ソメイヨシノは全て〇〇〇〇??の巻きです。

おたのしみに~!





Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

クローン

この桜、凄いね。見た途端「わっ」と声が出たわ。

桜事件(The Cherry Blossom Affair)のスラッシュ日本支部らしいデス。
http://6330.teacup.com/nekonyango/bbs
昭和30年代の東大寺?

Re: クローン

猫団子さん

はい、クローン正解です!
さすがネコスンさんお察しが早い。

やみ雲に遺伝子組み換え農産物を否定して騒ぐ世の中ですが、
大昔から続いている人為的な植物の盛んな品種改良をどう説明するのだろう?
同じ事をやっているに過ぎないはずなんですが・・・。

あ、またずれたコメ返に・・・v-390

NoTitle

ソメイヨシノ。
ハジメテこの桜の名前知った時結構鳥肌ものでした。
意味不明だけどカッキーな〜〜と。
カタカナで書かれるとなんとも意味深というか…
子供の頃訳も分からず歌ったクリスマスソングの
「もろびとこぞりて」みたいな(謎)♪

で、次に漢字を知って、由来不明だけどやっぱカッキーなあ〜と。
漢字で書かれるとなんとも由緒正しいっぽいというか…
厳格で荘厳(?)、高嶺の花的高級感の
「佐藤錦」みたいな?

で、今とうとうその雅な御名前の由来を知った訳ですが……

ううむ‥何じゃそりゃ?
パクリ?栄光欲?そして身分偽称発覚?!

なんだか‥‥‥orz
私のあの憧れはいずこ…(大爆)

他の桜に比べて非常に質素で地味系なので
原種であって欲しかったな〜とちょっと思う。

Re: NoTitle

かめいちさん

もろびとこぞりて!佐藤錦!
その発想のベクトルが素晴らしい!!

聖書のキリストの言葉の和訳は、未だにバテレン、キリシタン当時の
口語訳が微塵も変らずに現在に至ってますが、何故普通の日本語に直さないんですかね?
実は常々フシギに思っているところでして、その内記事にするかもしれません。

なんで「主よ!」でなければならんの??なんで「天にまします」なのだ?
もっと取っ付き易い言葉にすべきだよね。


あっと、サクラが話題でしたね・・(汗)

ソメイヨシノって地味ですか?私は派手だと思うんですが・・・。

という訳で、次回をお楽しみに~。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索