その手は桑名の・・・

その手は桑名の・・・



焼蛤(ハマグリ)

のハマグリですが、

由来は浜に落ちている栗のような貝

が語源です。

んで、栗は英語で何と言うとでしょうか?

え?「marron(マロン)」?

はい、そうです!大正解~~!!・・・・ではありませんのですよ。

「marron(マロン=栗)」は実はフランス語。
本来は、パリのシャンゼリゼ通りの街路樹としても有名な「marronnier(マロニエ=セイヨウトチノキ)」の実の意味です。
一方の英語で「栗」は「chestnut(チェスナット)」。
チョイト似た言葉で、楽器の「castanet(カスタネット)」はその形が栗の実に似ていることから名付けられました。

・・・ホントなんスから・・(笑)

で、話は焼蛤に戻ります。

蛤もいろいろと面白い言葉の語源になってますよ。
その昔、この蛤の貝殻を使った貝合わせの遊びがありまして、
(必ずピッタリと合う貝殻があるので、いち早くそれを見つける・・・と言う様な遊び)
そこからの連想で、物事が食い違うことを「ぐれはま(はまぐりの逆)」と呼んだそうです。

きっと、こんな風に使っていたんだろうと思います。

「え?何だって?そりゃぁアンタ、話がグレハマってもんだよ!」

みたいなね。

「グレる」という俗語は

そんなところから生まれました。
んでも一つ、「愚連隊」という言葉もこの「グレ」から派生したものです。



さてさて、今度は「松ぽっくり」です。
語呂から言って末尾にクリが付きますので、きっと「栗」からの派生だ、と思ってしまうかもしれません。

が、しか~し・・・。

こちらは「松ふぐり」が転じたものとされています。
「ふぐり」とは「陰嚢」すなわち「ザ・ボールス(○○タマ)」のこと。
広辞苑で「まつぼくり」を引いても「松陰嚢」の表記が採用されているんですよ~。



イェ~イ! (シモネタジャネーカ?


Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

貝合わせは知ってた

ワタクシの住んでいるところは三重県で(桑名は三重県にあります)「斎宮」ですもの。
これにhttp://guide.travel.co.jp/article/3648/紹介されている施設はご近所です。
っと、あら、ここで貝合わせも体験できるのね、近すぎて行ったことないけど(^▽^;)

対となる貝殻しか組み合わせることができないので夫婦円満の象徴とされるのは知ってましたけど、それからの派生語はシリマセンデシタ。
なるほど~。

松ぼっくりの語源はモットシリマセンデシタ。

ところで、全然関係のない話で非常に内輪の話なんですけど、うみねこさんって英語訳にご堪能ですか?
教えていただきたい文があるんですけど…(図々しく)
http://ducky-ncis.com/index.php?Dr.%20Ducky
このインタビュー記事の受け答えなんて書いてあるんでしょう?
『「NCIS と U.N.C.L.E. とで、事件解決はどちらが速いですか?」という質問への答がユーモラスです。』って何と答えているのか約をのせてくれていないなんていぢわるだと思いませんか( ;∀;)
大体はわかっても大体では今一面白くないじゃん(わ~図々しい)

訂正:「約」じゃなくて「訳」ね。ワタシでも「約」だったらなんとなく…わかる気がする…あくまでも気が…全然違う風に受け取っている恐れは多いな。


ネコスンさん

いや~、まさに本場中の本場から素敵なコメントありがとうございます。

こういう言葉の中程から、ザックリ切り取ってひっくり返すという慣習は
いまだに芸能会やその筋の人達の隠語として脈々と生きておりますよね。

「シーメー(飯)」とか「ナイタリ(足りない)」とか有名な「まいう~」ね。



で、いきなりのムチャ振り!

英語訳なんてムリムリです!業界では「リームー」でんがな・・・。

でもざっとニュアンス的には、

「 U.N.C.L.Eはコマーシャルも含めて47分で解決したけど、今回のは(NICSは)43分・・・。」
「だからNICSかな」

みたいな感じでしょうか・・・。

これ以上私を責めてはいけません。(ノークレーム、ノーリターンでお願いします。)



素早いお返事ありがとうございます

お~うれしい。ありがとう、ありがとう。

お礼に素敵な演奏をどうぞ(他力本願)
今日の記事にカスタネットがあったので(ワタシ、高校はブラバンでパートがperだったの)反応してしまいました。
(per.って株価収益率じゃないよ。打楽器=パーカッションの略ね。)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm4317628

ところで

元記事「松ぽっくり」【】じゃなくて【】って書いてない?

ぼ だよね?

そんな、お礼なんて滅相も無い。

ネコスンさん

まとめてコメントです。

いや~カスタネット大活躍の曲、ありがとうです!

へ~、ブラバンでパーカッションとな?コンガ系もやられるんですか?
コンガは憧れの楽器です。
トーストもコンガリ焼いた方が好きですしね・・・。
スナック菓子はもちろんコンガリコーン派ですよ!
(コノヘンカラスルーシマショウネ・・・。)

え~、もちろん松ぼっくりですよ、誰が「ぽっくり」なんて書いたんですか?
ナマクラ坊主の木魚じゃあるまいしねぇ・・・
書いたヤツの顔が見てみたいですよ、あっはっは~!  (オマエダヨ!)
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索