久々の・・・

久々の・・・


ようやく忙しさから逃れ、少~しだけ余裕が出てきましたので、
久々に語源探求の巻です。

で、今日はこんなお話。

葦(よし)と葦(あし)・・・。
「よし」も「あし」もどちらで入力しても「葦」という漢字に変換されますよ。
なんで?


吉原




では少し掘り下げてみましょう。

そもそも葦や籐のような硬い茎を持つ植物のことを、英語で「cane(ケイン)」と呼びます。
サトウキビは英語で「sugarcane(シュガーケイン)」、お花の「canna(カンナ)」の名も「cane」に由来します。
映画祭の開催地として有名なフランスの観光都市「Cannes(カンヌ)」は、葦が沢山生えていたことから
その名が付きました。

「cane」はその茎が管になっていることから、管状または筒状のものを表す言葉も多く生み出しています。

体内に液体を送り込む管状の医療器具「Kanüle〔独〕(カニューレ)」
砲弾を発射する筒である「cannon(キャノン=大砲)」
元々は送水管の意味だった「canal(カナル=運河)」「channel(チャネル=海峡)」
(テレビの「チャンネル」も同じ単語で「伝送路」の意味)、
グランドキャニオンでお馴染みの「canyon(キャニオン=峡谷)」と、
小さなものから大きなものまですべて「管」仲間。

ファッションブランド「Chanel(シャネル)」の名は、創業者の「Coco Chanel(ココ・シャネル)」の姓ですが、
彼女の先祖は水路のそばに住んでいたんだと推測できますね。

「cane」は様々な道具を作るためにも用いられました。
「canister(キャニスター)」は本来は葦で編んだかごのこと、
「canon(キャノン)」は葦などから作った定規が原義ですが、
そこから「基準」「規範」を表す用語として、宗教、音楽、美術等の様々な分野で使われています。
なお、日本を代表する電子機器メーカーの「キヤノン」の名は、創業当時に発売したカメラの製品名
「KWANON(←観音)」に音が似ていて、かつ意味も適している単語として、この「canon」を採用したものです。


と前置きが長くなりましたが、日本語の「葦(あし)」「悪し」に通じることから、「ヨシ」とも呼ばれるようになりました。
こう言う「ゲン」を担いだ似たような言い換えの例には「スルメ((賭け事で)摩るに通じる)」を「アタリメ」
「梨(無しに通じる)」を「ありの実」と読むとか、「こち亀」でお馴染みの「亀有」も昔は「亀無」でした。
江戸時代の遊郭として有名だった吉原も、元の地名は「葦原」
なんとカンヌと同じ意味だったんですよ~!



と、ハァハァ・・・、一気にここまで来ましたが、久々なので息切れが・・・。(笑)

語源シリーズたまにやります。


Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

なるほど~

ふむふむ、すると猫団子居住地はカンヌに近いのね。(同じ三重県内ということで)
http://www.kirari1000.com/www.kirari1000.com.base_data.base_data.phpQkirari_cd=04605.html
リンク先の地名等に振り仮名が降ってないのですっとよめますか?
度会町川口(わたらいちょう かわぐち)
神宮御萱山(じんぐうおかやま)


鍵コメさんへ

いえいえいえいえ、こちらこそいつも感謝感謝ですよ!
見ての通り、チャランポランタンなヤツですが、
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

このシリーズはまだまだネタは尽きません。
今後にご期待下さいませ!

Re: なるほど~

ネコスンさん

伊勢神宮御用達の萱場なんですね!
なんか凄い!
実は萱って言う植物はなくて、ススキとか葦とかを屋根葺き材として使う時に
総称として「萱」と言うんですってね・・・。
さっき調べて納得しました。

神宮御萱山・・・お・かや・やま・って三回変換しないと成りませんでしたよ。(笑)

字が多くて…

読み飛ばし… なんてしてないですよっ!
なんで、5秒で読み終わったなんてこと…は秘密です(笑)。

で、もう一回読み直しました。(あっ。。。)

語源って色々な意味がこめられているので
漢字もラテン語も楽しいものですよね。
その言葉を知らなくても、文字を見ていたらなんとなくいみが想像ついたりもして。
人間の発想って根本は同じなんだなって思ったり、
世界はつながっているって感じたりします♪

次回もこのシリーズ、楽しみにしてますね!

Re: 字が多くて…

ろぼたんへ

飛ばし読み・・・大いにしちゃって下さいな!

大体、自分が人の書いたこんなヤヤコシイ記事をちゃんと読むのか?
と言えば、全くもってそんな事は無くて、たびん読まないでしょう・・・。(大笑)

ラテン語=ローマ語=ローマ帝国の言葉。

いわゆるローマ字で表現される言葉の語源を調べる事は面白くて楽しい作業です。

今や私のボケ防止でありライフワークです。(笑)

漢字は実に直感的表現ですが、ラテン語は基本語彙、
「The basic vocabulary」
に込められた意味が深いですよ!

このネタは恐らく尽きる事がありません。(と思う・・・。)

次回にご期待下さ~い。e-78

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索