洗足池

洗足池


先月の関東出張での一コマ




東京は大田区の東急池上線沿線の洗足池です。

カモメが一羽・・・。
DSC_0643 - コピー




やけに強調されております、「桃の木」
DSC_0648 - コピー





鳩さんが・・・。
DSC_0649 - コピー





一斉に私に向ってきたよ!!なんでだ?
はらヘリなのか??
DSC_0650 - コピー





池の周囲に散策路があります。
歩いていると八幡様が現れました。
DSC_0652 - コピー





千束八幡神社です。
DSC_0653 - コピー





七五三シーズン真っ盛りでした。
例よってお守りを三つ程買ってきましたよ。
DSC_0655 - コピー





名馬池月の像です。
この池に纏わる伝説の名馬「池月」(ググりましょう!)
DSC_0661 - コピー





杭の上に綺麗に並んだ水鳥達!素敵な構図です。
DSC_0672 - コピー







おや?中央に変わった鳥がいますよ。
DSC_0677.jpg







アオサギでした!こんな都会にも居るんですね~!!驚きです。
地元じゃ珍しくも何ともないんですが、ここで会えるとはね~。
DSC_0676.jpg





んで、更に歩いているとこんなお墓が出てきましたよ・・・。
DSC_0686.jpg





うへ~!!勝海舟とその奥方のお墓でした!!
まぁ、地元じゃ有名なんでしょうが、その先入観無しにいきなりアッサリと見てしまったもんですから
マジびっくりでした。洗足池、深いですのう・・・。
DSC_0687.jpg











さて、実はこの日の目的はこの花屋さんを訪ねることでした。
先の洗足池から程近い「雪ケ谷大塚」駅直ぐ傍の「花福」です。
DSC_0694.jpg
「花福日記」でお馴染みの
花福御夫婦にお会いしました。

奥様の「花福こざる」さんが描くマンガに吸い寄せられて?かれこれ5年・・・。
最近は雑誌への連載も増えて大変ご活躍です。
もう私のような平民に気安く会ってくれるかどうか心配でしたが、
実に気さくにご主人共々笑顔で迎えて下さいました。








DSC_0695.jpg














花福こざるさんとご主人の「店長」で~す。
お二人ともすこぶる美男美女!!(スコブル値200オーバー)
お見せ出来ないのが大変残念です。
花福ご夫妻2
あぁ、昼間っから、ファミレスで呑んでしまいました・・・。
お忙しい中、お付き合いくださいましてありがとうございました!
また3月に行きますのでよろしくで~す。







以下、こざるさんの作品をご紹介しますね。


連載中

●月間フローリスト(誠文堂新光社)エッセイマンガ2P

●街の手帖池上線(コトノハ)カラー1P
隔月誌、池上線沿線で発売中。

●Webマガジンマトグロッソ(イースト・プレス)
「続豆腐百珍百番勝負」隔週更新
http://matogrosso.jp/zoku-tofu/zoku-tofu-01.html

*********

単行本

●「豆腐百珍百番勝負」(イースト・プレス)2014年5月発売
江戸時代の豆腐料理本「豆腐百珍」のメニューを作って食べる
エッセイマンガです。

●「花福ねこ日記」(イースト・プレス)2013年1月発売
エッセイコミック、花福夫婦と飼い猫直角のほのぼの生活。

●「続花福日記」(イースト・プレス)2010年7月
お花屋さん4コママンガ。

●「花福日記」(イースト・プレス)2009年5月
お花屋さん4コママンガ

●にゃんスペ(イースト・プレス)2010年4月
猫まんが集 4ページ収録

●にゃんソロ(イースト・プレス)2012年11月
猫まんが集 8ページ収録 

*****************
イラストのお仕事

●ファミエスマンがやってくる
セキスイファミエスHP用マンガのイラスト担当
http://www.tokyo-famis.co.jp/famisman/

●質素な性格 吉行和子(講談社)2011年6月
イラスト担当。








Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
キラーカーン  ←キラーカーン 【2015年12月】の更新記事一覧 →ベラビスタ  ベラビスタ
 

~ Comment ~

すごいね!

アーティストとお付き合いがあるなんて、人間関係、交友の広さ、どんだけ~~~(゚◇゚)ガーン
v-7

Re: すごいね!

fujisawakyun さん

そのお言葉ソックリお返しいたしますよ!!
先輩のそのお言葉に私の歯が25本浮きましたよ・・・。(笑)

交友の広さ、どんだけ~~って、それはコチラのセリフざんすってば!

そんだけうみねこを持ち上げるからには、きっと何か魂胆があるんだな??

判り申した。また何か見繕って送っておきますのでご査収くださいませ~。m(__)m


煽てられ 誉められ宥め(なだめ)透かされて

   その気になれば 坪に落ちらむ

      
      (2015年冬 洗足池乃辺にて)v-392

ほ、ほんとですわ!!

うみさんの
交友の広さ、どんだけ~~~ですわ~~~~(゚◇゚)
ウフッウフッ
↑持ち上げたってブーコにはなんもやらんぞ

チッですわ(笑)ギャハハ

あの鳩たちは間違いなく
腹減りでしたね(笑)うみさんが
もうちょっとあそこに佇んでいたら
ブーコもやってくるところでしたね(笑)ギャハハ

あの馬は源頼朝と関係があるのですね←ブーコ、調べてきたけどあんま脳みそに浸透してない模様(笑)

うみさんは
色々なことを知っておられるので
尊敬しますわ~~~~✨

NoTitle

立て看板、後押してる風にも見えたりして(笑
名馬「乗りたい吸引力」バリバリ〜

Re: ほ、ほんとですわ!!

ブーコさん

ムム、君もそうやって便乗するのかね・・・。
間違いなく何も出ませんけどね~!フフフ。

あの鳩たち、実は凄い勢いで迫って来たんですよ!
この池にはいろんな鳥達が沢山いるんですが、
皆のどかで穏やか~な雰囲気なんですが、この鳩だけはヒッチコック級でしたよ!(恐)

Re: NoTitle

kaoさん

お久しぶりです。体調は如何ですか?

あの立て看板、何か暗に誘ってますよね(笑)
多分生きのイイ若者達が登ったりするんでしょうね~。
結構大きな像なので、そう簡単には登れないような気がしますが・・・。

実はこの池には巨大な鯉がうじゃうじゃ居てちょっと気持ち悪いぐらいなんですよ。
人影を感じるとワラワラと集まってきて餌をせがみます。(ちょっと恐い)

いろんな意味で、面白い所です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: NoTitle

鍵コメさんへ

こちらこそ!!
おかげさまで楽しい一年になりました。
人生・・・(中国では「人間」と書きますが・・・。)
上り下りがあって当たり前なので、そういうものですよ~。
私も仕事が忙しくなって、ブログ2つストップ中です。(笑)

「語らいのブロ友」

良い言葉ですね!

こちらこそ、そう願っております。
来年もご家族皆様にとって素晴らしい年になりますように!
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索