毎日お暑うございます。

毎日お暑うございます。


こういう時の暑気払いにはやはりカレーかと・・・。

そこで先日例のイギリス人の方から頂いた、カレースパイスをうみねこ流にアレンジしてみました。

細かいスパイスの分量等はコチラを参照してくださいね。

今回使うスパイスの数々です。
上段の左から、マスタードシード、ピクリングスパイス(普通はピクルス用のスパイスです。中身はオールスパイス、クローブ、
ディルシード、ローレル、赤唐辛子他。)これ安くて便利です。そしてクミンシード。
下段左からは、カルダモン、シナモンホール(クラッシュドタイプ。これもお安い。)
こんな感じです。
DSC_0160.png





近所の市場で買った青唐辛子とタイの冷凍プリッキーヌ、ニンニク。
DSC_0162.png





これが何を隠そう日本のカレー粉の元祖となったあのイギリスの「クロス&ブラックウェル・C&B社」のパレーパウダーです。
明治維新後、日本海軍が英国海軍の真似をしてカレーライスを取り入れましたが、まさしくこのC&B社の
カレーパウダーがあってこそなんですよ。
日本で始めてカレー粉を販売したのはS&B社ですが社名のロゴまで真似してますね!
DSC_0163.png





ではお好みのオイルでマスタードシードを炒めましょう。低温からジックリね。(バター、オリーブオイル、サラダ油、なんでもOK!)
DSC_0168.png






次に別鍋で玉葱とニンニクを炒めます。
DSC_0170.png






さて、マスタードシードが弾け出しましたら、他のスパイスを全部入れちゃってください。(弾け飛ぶので注意!)
DSC_0172.png






複雑な香りが漂ってきたら、炒めてあった玉葱とニンニクを入れます。
DSC_0174.png






ここでカレー粉を入れます。(半量入れて、仕上げに半量でもOK!香りが生きます。)
DSC_0175.png






ではトマトを投入しましょう。お肉は前以って炒めておいたものをこの時点で入れてくださいね。
DSC_0178.png






ここでしばらく煮込ます。(10分くらい)
DSC_0177.png




私はいつものようにチキンコンフィーを使います。
DSC_0179.png





ザックリと切ったらあとはカレーソースと和えるだけです。
DSC_0180.png





出来上がり~!
実にスパイシーで爽やか!美味しいですよ。
DSC_0182.png
冷蔵庫で一晩置くと更に美味しい!味が落ち着いてまろやかになって・・・そんなの常識ですよね!






皆さんいつの頃からか、こうのようなヨーロッパ風のドロっとしたカレーソースの事を「ルーカレー」と呼んでますが、
これはある意味正解なんですが、今回のようなパターンでは通常カレーソースと呼びます。(ちょっとメンドクサイ・・・)

え~、簡単に説明しますと、「ルー」の定義を理解すると分かり易いです。
「ルー」とは小麦粉とスパイスを油で炒めて固形化した、いわゆる「素」。
これをお湯に溶かしてソースを作る訳ですね。
だから、市販の箱入りのカレー。ハウスとかS&Bとかグリコさんが売っているわれわれが家庭で子供の頃から
食べ続けているカレーはまさしく「ルーカレー」なのですが・・・。
裏書にちゃんと「カレールーを割って入れる」と書いてマスヨ!
DSC_0183.png








今回のような、はなからスパイスを独自に配合し、小麦粉を使わずに作るカレーは正確には「カリーソース」と言うわけです。
インスタントな「ルー」を使わないのですから「ルーカレー」とは呼べないですよね。
ただ、出来上がりの形状が我々が昔から食べている「ルーカレー」と変わらないので、
最近頭角を現した、「スープカレー」に対比して「ルーカレー」と言ってしまっているのが現実です。

だから、真摯にこだわって作っているカレー屋さんは「ルーカレー」と言われるのをとっても不本意に思っているんですよ。
DSC_0184.png

でも、カレーはもう日本人の国民食ですよね。そんな野暮な事言ってないで美味しく戴かなくてはね!!

スパイスさえ揃えばそんなに難しくないので、皆さんドンドン挑戦しましょう!!美味しいですよ~!


Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

作ったよ〜〜〜〜タコライス(≧▽≦)
すっげえ〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!
オカワリしたいのにお腹いっぱいだよ〜〜〜
特にサルサソースがね!〜〜〜

つきましてはブログで記事にしたいのですが、
うみねこさんの名前出しても良いですか?
レシピのリンク貼っても良いですか?
ボッコボコのギッタギタの書いても良いですか?(←謎)

え?カレーの記事?
うん、読んだけど今それどころじゃないの(爆)

えぇ、毎日お暑うございますわ

Oh!!
かめいち様♡有り難うございますわ

えっ?
ボッコボコのギッタギタのですか?
えぇ♡勿論オッケイですわ♡
むしろ宜しくお願いします~♡深々とペコリ~
↑えっと、あなた誰?byかめいち様

はっ!!初対面でいきなり失礼しましたわ
では~i-246(ブーコ逃走)

Re: No title

おぉ!!遂に作らはりましたか!!

!!!!!!!だったでしょ?
自分でも!!!!!!!だったんですから!!

サルサソースさえ出来てしまえば後は簡単コロ助でしょ?
しいてコツを挙げるとレタスを手でチマチマと小さめに千切る事です。
小さく千切れば千切るほど美味いと思います。(とにかくライスと一体化を目指す!)
後、包丁で刻むと苦味が出るのでご法度ザンスよ!

ブログ記事はドンドン出しちゃってください!
リンクフリーのカロリーオフのプリン体オフのアルコールフリーですよ!!
どうぞ好きなように書いて下さいいませ。

私はこの「うみねこ式タコライス・通称ウミタコ」をどんどん広めたいのです。ワハハ!

あぁ、また食べたくなってきた・・・、ムフフ。

Re: えぇ、毎日お暑うございますわ

ブーコさん

チミチミ、まるで自分のお料理のような発言に感謝します。
そうです。私は寛大なのです。(関大卒ではありませんよ。)

でもチミは以前サルサソースにトマトの代りに小松菜をタップリ入れて
それでも美味しいと言ってくれたあのツクレポ第一号のお方でしたね。
でもよくよく考えてみると、それはそれで美味しいのかなと思ってしまったりする
今日この頃です。(でも見た目やっぱり青汁ソースだよね(笑))

あなたの実用的な発想力に非凡なものを感じます。
(というか、トマトの代りに小松菜の発想は未だ信じられん・・・世界でタダ一人かも!)


東海の小豚の餌の白飯に
われ泣きぬれて
小松菜を散らす

(石川猫木)

いつもたのしいコメントありがとうございます。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索