スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

閉じた心2

閉じた心2

T君の笑顔・・・。それは世間一般から見れば、果たして「笑顔」と呼べる
ものかどうか・・・。しかしそれは彼の心の深層と外界を繋ぐ唯一の「G・U・I」。
PCで言う所の「グラフィック・ユーザー・インターフェイス」・・・。
しかも実に不安定で、今にも電源が落ちてしまいそうだし、ちょっとアイコンをクリック
しただけで直ぐにフリーズしてしまう。
まさにそんな例えがピッタリなのかもしれない・・・。
彼のところへ向かう道すがら、ずっとそんな事を考えていました。

さて、ここで私が編集した動画について少し説明しておきます。
使用した画像は全て彼と日常的に関わりのある人達の「笑顔」をチョイスしました。
それに様々なエフェクト(加工)を掛け、コミカルな演出をを散りばめ、そして一人一人
がT君への優しい励ましのコメントを添えるという構成。
時間にして三分と少しのショートムービーです。
わずか三分とはいえ、ワンカット3秒から4秒で仕上げますと最低でも50枚程の素材が
必要になってきます。実際には10数枚の写真しかありませんでしたので、不足分を
何とかしなくてはなりません。
ここが悩ましいところで、見ていて飽きない映像にすることが動画編集の「いろは」・・・、
一番精神的に削られるところです。

さて、施設に到着後、上司から許可を貰い昼食後の余暇時間をT君と過ごすことになり
ました。ほぼ3ヶ月ぶりの対面に、彼はどういった反応を示すのか不安でしたが、彼は
私のことを憶えていてくれました。相変わらず無表情を装ってましたが、瞳の奥には
「おや?」というような僅かな反応が見てとれます。また、クドクドと説教じみたお話でも
するのだろう・・・。なんて思っていたでしょう。
早速、持って行ったノートPCの電源を入れ、T君の前に画面を向ける・・・。
動画が始まりました。
画面の一点をボーッと見詰めるT君。
その様子を見て、私はやはり最後までこの調子で無感情のままなのだろうか?
という思いが脳裏を支配し始めました・・・。

しかしそうではありませんでした。
まず、何人かの人物の画像が流れ、やがて最初のT君の笑顔画像が再生された時、
彼の表情に変化が出ました。画面一杯にズームされた自分の笑顔を見て、その画面
と同じような笑みを浮かべましたよ!
「よし!」私は心の中で思わずガッツポーズでした。
そこから彼は終始笑顔を絶やさず、画面を見ていました。その目には生き生きとした
生気が宿り、かつてない明るい表情を見せ、コミカルに加工された画像やそれに添え
られたコメントに声を出しての笑いも出てきました。

その様子を見て、私は不覚にも泣けてきました。T君のこの笑顔に救われた気がしました。
あんなに一生懸命彼のために頑張ったつもりだったのに、何も判っていなかった・・・。
彼に必要だったのは、百の言葉や叱咤激励などではなく、たった一つの笑顔と
その笑顔の源泉たる慈愛こそに他なりません。

人の笑顔が持つ不思議な感動、それがT君にもちゃんと伝わりましたよ。
そう思った瞬間、涙が止めどなく溢れかえりました。
「T君、君の笑顔がこんなにも感動を与えてくれたよ!ありがとう。」
涙でグジャグジャになった顔で私はT君にそう言いました。
それは心の底からストレートに湧き上がってきた自然な言葉・・・。

さてその時です。
T君がまさかの反応を見せます・・・。
私が「ありがとう」と、そう言った直後に、
「はい・・」
と目から大粒の涙をこぼしながら返事をくれたのです。
その「はい」の返事は嗚咽の中から振り絞ったような声・・・。
私は彼の肩を抱いて「ありがとう、ありがとう・・・」と言い、
彼も「はい、はい・・・」と頷く。そんな光景がしばらく続きました。

あぁ、T君・・・。
やっと、やっと心の糸が一本通じたね!良かった、本当に良かった。






-----------------------------------------------------------------------






そんな20年前のコアな体験を今ここで思い出すことになるとは思いもしませんでしたが、
Yちゃんを見ていると、当時の事がフラッシュバックのように甦ってしまったのでした・・・。

つづく




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

うみさん

その涙をワタクシが拭きますわ
フキフキスリスリ...v-23

うみさん作成の動画、ワタクシ大好きですからね
想いが伝わって本当に良かったです(TT)うるっと来てお菓子食べて紛らわしましたわ←流石ブーコ...

・・・・んっ?
20年前...
逆算するとうみさんは今50000歳くらいですか?←にゃんで!!??

NoTitle

うみさんは、きっと、「地球誕生から地球壊滅まで歳」でしょう?
年齢不詳ですわね~~

きっと涙腺も地球壊滅時まで健在なはず!!

ブーコさん、お菓子で紛らわすのね~~^^
私ならとうもろこしで・・・・は?(とうもろこしで殴る???)

ブーコさんへ

そ、そんなに乱暴に拭いたら顔の皮がぁ・・・あ、厚くなる!(アレ?)

ブーコさん、いつも優しいコメントありがとうございます。

笑顔の力って大きいですよ。
身近で関わりの深い人の笑顔程その力も大きいです。
古いアルバムを開いてご家族の笑顔の写真をご覧になってみてください。
その時のあなたの顔は間違いなくニッコリと微笑んでいるはずです。

招福到来 とはよく言ったもので、笑顔は間違いなく人の日常に、そして人生に
大きく寄与します。

そう思いませんか?

トッカータさんへ

「地球誕生から地球壊滅まで歳」??

え~!不死身かっ?
涙腺の方は年々発達の一途を辿っておりますが・・・。(笑)

心の動き(感動)の振れ幅が年々大きくなると言いますか、
それ用のセンサーの感度が敏感になっているような気がします。

それを「齢」と呼ばれるのならそういうことなのかも・・・。

否定はできませんのですよ。v-398

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

いつも暖かいコメントありがとうございます。
そうですよね・・・「言葉を超えるもの・・・」
それは確かに存在しますよね。
今まで仕事であれそれ以外であれ、様々な多くの方々と関わって来ましたが、
もちろん明確な結果が出ないことの方が遥かに多いです。
しかし、だからといって何もしなければ「ゼロの掛け算」のようなもの・・・。
ゼロに何を掛けてもゼロ・・・それは見放しと放置の理論です。

「0」に0.1でも足すことが出来たらそれはもう「0」ではありません。
間違いなく掛け算ができる土俵に乗る事になりますよね。
今までそう思って生きてきましたし、これからも多分そうなんだと思います。

「なぜそこまでやるの?」とか「人それぞれなんだから放っておけば・・・」
と言われることもありますが、そのような個人主義的な理屈では説明の付かない
ゾーンもあるのだという事もご理解戴ければな、と思っております。(笑)
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。