沖縄ネタ・・・2

沖縄ネタ・・・2

 せっかくなんで、ついでに海の中も少しご紹介しますね。


 結構マクロ派の私は「小さき者」が好きです。某アニメの「ちっちゃい者クラブ」の面々よりも遥かに小さい生き物たち・・・。特に珊瑚礁の海の多様性にはたまらない魅力があります。


 今日は八重山諸島、東洋のガラパゴスと呼ばれる「西表島」の海の中をタップリと・・・いや、少しだけご紹介します。(タップリだと終わらなくなってしまう・・・)


 まずはポピュラーなウミウシから、


  「ミゾレウミウシ」です。   時期になるとそこらじゅうに居るウミウシ・・・なんですが、よーく観ると実にシックで上品なカラーリング。「ミゾレ」と呼ばれるに相応しい趣があります。


キルビルミチルの クエン酸足らんちゅ~の!




 ハデハデで強烈コントラスト。素人受けの良い

 「アカテンイロウミウシ」


 こんなに目立つとすぐに捕食されそうな気がするのですが・・・


キルビルミチルの クエン酸足らんちゅ~の!




 「バブルコーラルシュリンプ」です。

 バブルコーラル・・・和名「嚢胞サンゴ」。  このサンゴにだけ共生するカクレエビの仲間です。このサンゴ、夜は萎んでペッチャンコになり、触手を伸ばして捕食しています。そのときこのエビちゃん、どこに隠れてるんだろ・・・?


キルビルミチルの クエン酸足らんちゅ~の!


結構オヤジ顔・・・?


キルビルミチルの クエン酸足らんちゅ~の!


 「イバラカンザシ」です。ゴカイの仲間ですよ~。

キルビルミチルの クエン酸足らんちゅ~の!



青バージョン。他にもいろいろなカラーバリエーションがあります。
キルビルミチルの クエン酸足らんちゅ~の!




このハロウィーンのカボチャみたいなのが  「シャコガキ」  と言います。シャコ貝とカキのハーフ・・・?ではありません。分類上はカキの仲間です。ダイバーの皆さんはあまり被写体に選びませんが、私の性分からしてこういうものにまず目が行ってしまいます。


キルビルミチルの クエン酸足らんちゅ~の!


綺麗なイソバナです。

 水中の自然光で見ると、赤の波長が真っ先に吸収されてしまいますので、黒っぽく見えますが、光を当てるとこのようにきれいな色で浮かび上がります。

キルビルミチルの クエン酸足らんちゅ~の!



 さて、本日の大トリを勤めて頂くのが、  「セジロクマノミ」  さんです。

 先ほどのバブルコーラルシュリンプもオヤジ顔でしたが、コヤツもかなりのオヤジ顔・・・。雄雌問わず、正面から見ると皆オヤジです。w

 ハタゴイソギンチャクやイボハタゴイソギンチャク等の触手の短いタイプに共生いたします。

キルビルミチルの クエン酸足らんちゅ~の!


珊瑚礁の海・・・を見て死ね・・・と、私はかねてからその素晴らしさを知らずに居る周囲の人たちに言って来ましたが、おそらくは生涯そう言い続けるのかもしれません・・・。ここではその素晴らしさの一端もお伝えすることが出来ませんが、その生物多様性のファンタジックワールド・・・人生で一度は覗いてみる事をお勧めしたいと思います


 今回の写真は、全てコンデジと簡易水中ハウジングで撮ったものです。一昔前では考えられないほどお手軽に水中写真が撮れるようになりました。技術の進歩って素晴らしいです!



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索