なぜか納豆・・・

なぜか納豆・・・

 納豆を作りました。結構本気で作りました。かなり頑張りましたよ~。ビックリマーク


  これが納豆菌です。
いくつか販売元がありますが、私はこの成瀬菌なる物を使用しております。


キルビルミチルの クエン酸足らんちゅ~の!






中にはこのような怪しい?粉が入っております。これだけをポケットに入れて外出する時は注意しましょう(普通しないが・・・)万が一お巡りさんに職質され追求された場合、確実に疑われて任意同行は免れませんでしょう。それが納豆菌であるという顕著な証明がなされない限り帰してくれないと思います。ガーン


キルビルミチルの クエン酸足らんちゅ~の!



これが、ハンドメイドの納豆製造恒温器です。納豆のみならず、ヨーグルトや甘酒、パン生地醗酵などなど、いろいろ使えます。底の奥に見えるのが電気ヒーター・・・。手前のボールには加湿用の水が入ってます。木枠にスタイロフォームを嵌め込んだ簡易なものですが、とっても役に立っておりますよ~。



キルビルミチルの クエン酸足らんちゅ~の!



電子サーモとリレーです。このリレーがないとサーモの耐久性に問題が出てきます。

キルビルミチルの クエン酸足らんちゅ~の!


箱のあちらこちらに無数の傷がありますが、これは全てウチのニャンコ達の仕業です。しょぼん

$キルビルミチルの クエン酸足らんちゅ~の!


  湿度計です。納豆作りには欠かせませんです。


$キルビルミチルの クエン酸足らんちゅ~の!


 近所のスーパーで買ってきた納豆達です。実は本日、利き酒ならぬ「利き納豆」DAYとなりました。

$キルビルミチルの クエン酸足らんちゅ~の!





 納豆に挑戦し続けて幾年月・・・最近ようやくある法則と言いますか、セオリーに到達することが出来ました。ここ2年程、作っては失敗を繰り返し、試行錯誤の蟻地獄に陥っておりましたが、遂に報われる時が来てしまいました。それは正しい例えかどうか解りませんが、「豆腐作り」の十倍・・・いや、それ以上確実に難しい作業の積み重ねでありました。実に繊細でシビア、そして妥協無き世界なんですよ~。シラー

 よくネット上に ”納豆を作ってみた” 的な簡易な納豆の作り方が沢山アップされていますが、どれもこれも一応やってみたのですが、上手く行った試しがありません。糸を引く納豆のようなものは確かに簡単に出来ますが、果たしてそれが「納豆」という基準に到達したものなのかどうか・・・甚だ疑問です・・・。大概が市販の一番安価な納豆に遥かに遠く及ばない 「納豆モドキ」 が出来てしまいます。

 思うに、その中途半端な「納豆モドキ」をもってして、「ヤッター!納豆が出来た!」「意外と簡単~!」・・・みたいな、自己満足と言いましょうか、妥協点が低い、悲しくも虚栄心溢れる評価をされているように感じます。(よく、風呂に浮かべて一晩置くとか、ペットボトルにお湯を入れて箱に入れる・・・といった類のレシピが多い・・・。ハッキリ言いますがろくなものになりませんです。)言い換えれば、その程度のものを納豆として受け入れるのであれば、納豆作りは実に簡単なものと言えるでしょう。

 くどいようですが、納豆作りは 難しいです!

 納豆業者さんはそれぞれに微細なノウハウを持っておりまして、一般公開はしておりません。ざっくりとした作り方のみ公にしているところもありますが、それにしても、核心にはまったく及んでいないところです。実際にガップリとやってみて初めて解る事ですが、実にデリケートで微細・・・幾つかの条件をキッチリとクリアしないとまったくモノになりません。

 皆さんご存じ無いと思いますが、納豆に関する「特許」って、実に沢山あるんですよ!ほとんどが昭和になってからのもので、衛生的な納豆の大量生産が始まってからのものです。よくネット上に公開されている怪しいレシピは、大正時代以前の太古の昔から行われていた諸々の製法のアレンジに過ぎません。醗酵製品に不可欠な温度や空調管理設備の無い時代、大量に均一な製品は出来なかったのです。同じ大豆製品である豆腐屋の普及に比べて納豆屋の数が如何に少ないか・・推して量るべきでしょう。

 味噌も昔からの醗酵製品では?と言う方もいらっしゃいますが、味噌、醤油には大量の塩が使われてまして、塩の制菌作用で雑菌の繁殖が抑えられ、素人でも比較的失敗無く作れるものです。

 「納豆菌」の培養温度はほぼ哺乳類の体温と同じです。しかしながら、我々人類に害を及ぼす食中毒菌の多くも同じ環境を好みます。ですから、不衛生な環境で作ると他の雑菌も一緒に増殖させる結果と為ります。

 これが結構怖いんですよ・・・。ガーン

 先に申し上げた、容器を風呂の残り湯に浮かべて一晩置くなどというレシピをネットに公開される方の無責任さには、相当違和感を覚えるところです。

 大正9年、宮城県ではじめて納豆の量産が始まりました。当時の呼び名は・・・なんと

 「衛生納豆」

 なんですよ!目

 と言うからには、それまではきっと「不衛生納豆」だったのでしょう。いろいろ調べてみると面白いですね。古い歴史を持つが、実はすごく新しい食品・・・それが納豆! 

 
 下は今回ようやくモノになった自家製納豆です。風味、粘り、コク、柔らかさ・・・平均的な市販品と比べても遜色のないものが出来上がりました。正直、ここ十年いろいろな出来事がありましたが、その中でも一番嬉しかった事の筆頭かもしれません・・・。ニコニコ

 きっちり、自分なりのセオリーを確立できましたので達成感が違います。長かったなぁ・・・得意げ
 
 
 ”納豆造り” と言う「土俵」の隅っこにようやく辿り着いた感じですが、これからは更に微細でデリケートな奥の細道?を極めるべく精進して行こう思っております。合格

キルビルミチルの クエン酸足らんちゅ~の!


キルビルミチルの クエン酸足らんちゅ~の!


キルビルミチルの クエン酸足らんちゅ~の!



名前をつけちゃおうかな・・・

命名 「うみねこ納豆」・・・ダメ?


写真のいろいろな納豆と食べ比べてみましたが、遜色ありません。美味しいんです!もう納豆買わないかも。えへへ~!ニコニコ

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

1 ■甘酒作ってます

甘酒は炊飯器ジャーで作れるので暇なとき簡単につくってます。
おかゆ作って若干さまして、麹菌入れて、保温で6時間。
ジャーの保温の60度前後が麹菌にはいい環境らしいです。
6時間の間、1時間くらいずつかき混ぜ(熱くなるとすっぱくなるので)たり、ふた開けて布巾かけて温度管理をすればおいしい甘酒が!!
麹菌なのでノンアルコールで子供頃から飲んでます。

2 ■Re:甘酒作ってます

>あるゆうさん
コメントありがとうございます。炊飯ジャーはいろいろ使えて便利ですよね~。ウチのは保温温度が75度前後になるので甘酒は例の恒温器で作ってます。真空調理及びコンフィにはとっても重宝してますよ~。

NoTitle

特に口に入るもので菌類の増殖って怖いイメージってありますよね;

腐らせてナンボの食品って結構あると思うんですけど

ナットーは文化っすよね♡大チュキ〜

マスオさんは食べられないひとのそのひとり wet dot? or 洗ってない靴下だそうデス(笑

kaoさんへ

いきなりの過去記事へのコメント、なかなか探せませんでしたよ・・・(笑)

今回のDC-15菌納豆、実は信じられないほど匂いがありませんよ!
おそらく先入観さえ取払えれば、マスオさんも思わずYummy!!と言うはずです。

この靴下の匂いは「枯草菌」というバクテリアの仕業です。
実は納豆菌もこの枯草菌の仲間なのです。
だから似たような匂いなんですよ~。

NoTitle

自分でコメント書いといてわけのわからんこと書いてしまったデス;メンゴ

Wet dogデス(笑

Re: NoTitle

kaoさんへ

Wet dogね!すごく判り易い・・・(笑)

DC-15納豆は Dry dog 位かもよ!うしし。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索